平成27年度 大阪労災病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 532 463 389 604 1361 1763 4628 7040 3243 289
入院患者の年齢階級別患者数の指標。
70~79歳の入院患者が最も多い。
未成年(0~19歳)の患者割合は4.9%、高齢者(70歳以上)の患者割合は52.0%であった。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 221 2.4 2.93 0 69.56
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 167 2.64 7.01 0.6 70.89
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 116 12.55 10.93 2.59 75.12
消化器内科の上位3位までの主な疾患と治療内容を見た指標。
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし:小腸大腸の良性腫瘍による入院。
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし:結腸癌または結腸癌疑いによる入院。
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし:胆管結石・胆管炎等による入院。
小腸大腸の良性腫瘍による入院が221件と最も多い。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 544 3.01 3.07 0.37 70.12
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 279 3.49 4.87 0 69.49
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 148 5.89 5.68 0.68 63.01
循環器内科の上位3位までの主な疾患と治療内容を見た指標。
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし:狭心症、慢性虚血性心疾患のカテーテル検査入院。
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし:狭心症、慢性虚血性心疾患のカテーテル手術入院。
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし:頻脈性不整脈に対する経皮的カテーテル心筋焼灼術入院。
狭心症、慢性虚血性心疾患のカテーテル検査入院が544件と最も多い。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 312 26.06 11.98 0 26.95
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 215 31.21 27.21 5.58 75.38
07040xxx01xx0x 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 定義副傷病 なし 182 29.76 24.95 3.85 67.64
整形外科の上位3位までの主な疾患と治療内容を見た指標。
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等:主に膝の前十字靱帯損傷に対する関節鏡下靱帯断裂形成術入院。
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等:主に変形性膝関節症に対する人工膝関節置換術入院。
07040xxx01xx0x 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 定義副傷病 なし:主に変形性股関節症に対する人工股関節置換術入院。
主に膝の前十字靱帯損傷に対する関節鏡下靱帯断裂形成術入院が312件と最も多い。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 98 6.49 6.79 1.02 58.86
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 96 17.86 17.41 1.04 70.39
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 80 6.08 6.96 0 61.79
外科の上位3位までの主な疾患と治療内容を見た指標。
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし:乳癌に対する乳房切除術(腋窩郭清を伴わないもの)入院。
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし:結腸癌に対する結腸切除術入院。
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等:胆嚢結石に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術入院。
乳癌に対する乳房切除術(腋窩郭清を伴わないもの)入院が98件と最も多い。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 363 7.71 7.99 0 68.42
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 219 10.49 11.08 0 56.72
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 203 6 7.42 0 70.7
眼科の上位3位までの主な疾患と治療内容を見た指標。
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし:主に網膜前膜及び白内障に対する硝子体茎顕微鏡下離断術と水晶体再建術入院。
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼:網膜剥離に対する手術入院。
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼:硝子体疾患に対する手術入院。
主に網膜前膜及び白内障に対する硝子体茎顕微鏡下離断術と水晶体再建術入院が363件と最も多い。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 187 14.19 15.35 0.53 63.7
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 148 15.98 13.64 0 71.45
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 37 19.14 9.71 2.7 67.14
内科の上位3位までの主な疾患と治療内容を見た指標。
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。):2型糖尿病に対する治療入院。
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし:慢性腎炎症候群等に対する治療入院。
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし:慢性腎炎症候群等に対するシャント設置術入院。
2型糖尿病に対する治療入院が187件と最も多い。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 178 13.51 9.6 0 55.02
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 104 14.03 10.12 0 54.7
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 85 9.24 7.76 0 55.75
耳鼻咽喉科の上位3位までの主な疾患と治療内容を見た指標。
030428xxxxxxxx 突発性難聴:突発性難聴に対する治療入院。
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術:慢性化膿性中耳炎等に対する鼓室形成手術入院。
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎:慢性副鼻腔炎に対する治療入院。
突発性難聴に対する治療入院が178件と最も多い。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 103 4.77 2.89 0 61.89
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 85 7.8 8.02 0 72.81
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 73 7.64 7.59 1.37 72.53
泌尿器科の上位3位までの主な疾患と治療内容を見た指標。
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし:上部尿路結石に対する体外衝撃波腎・尿管結石破砕術入院。
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし:膀胱癌に対する経尿道的膀胱悪性腫瘍手術及び化学療法入院。
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし:膀胱癌に対する経尿道的膀胱悪性腫瘍手術入院。
上部尿路結石に対する体外衝撃波腎・尿管結石破砕術入院が103件と最も多い。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 85 7.09 6.5 0 44.14
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 83 6.33 5.33 0 60.36
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 78 7.32 6.34 0 46.38
産婦人科の上位3位までの主な疾患と治療内容を見た指標。
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等:卵巣の良性腫瘍に対する腹腔鏡下卵巣切除術入院。
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし:子宮癌に対する化学療法入院。
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等:子宮の良性腫瘍に対する腹腔鏡下膣式子宮全摘術入院。
卵巣の良性腫瘍に対する腹腔鏡下卵巣切除術入院が85件と最も多い。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2 なし 164 5.38 5.72 1.22 4.24
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 59 5.34 6.31 6.78 3.93
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 36 3.81 5.5 0 4.14
小児科の上位3位までの主な疾患と治療内容を見た指標。
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2 なし:肺炎等の治療入院。
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし:喘息に対する治療入院。
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし:ウィルス性腸炎に対する治療入院。
肺炎等の治療入院が164件と最も多い。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xx0x 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 定義副傷病 なし 90 3.64 3.46 0 66.5
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし 51 2.02 3.54 0 70.92
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 33 3.15 4.38 0 47.03
形成外科の上位3位までの主な疾患と治療内容を見た指標。
050180xx97xx0x 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 定義副傷病 なし:下肢静脈瘤に対する手術入院。
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし:眼瞼下垂に対する手術入院。
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし:皮膚、皮下の良性腫瘍に対する腫瘍摘出術入院。
下肢静脈瘤に対する手術入院が90件と最も多い。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 28 29.11 25.69 0 71.54
050163xx9910xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 22 3.14 4.97 0 75.32
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 なし 20 18.75 13.19 0 76.2
心臓血管外科の上位3位までの主な疾患と治療内容を見た指標。
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし:心臓弁(僧帽弁、大動脈弁、三尖弁)に対する手術入院。
050163xx9910xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし:非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤に対する心臓カテーテル検査入院。
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 なし:非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 に対するステントグラフト内挿術入院。
心臓弁(僧帽弁、大動脈弁、三尖弁)に対する手術入院が28件と最も多い。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 17.12 22.55 11.76 64.88
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 20.54 19.32 46.15 70.92
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 9.69 10.02 7.69 70.69
脳神経外科の上位3位までの主な疾患と治療内容を見た指標。
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし:脳腫瘍に対する頭蓋内腫瘍摘出術入院。
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし:非外傷性の頭蓋内血腫に対する治療入院。
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし:慢性硬膜下血腫に対する穿孔洗浄術入院。
脳腫瘍に対する頭蓋内腫瘍摘出術入院が17件と最も多い。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 159 32 71 143 57 - 1 7
大腸癌 99 62 106 70 12 - 1 7
乳癌 88 82 23 - - - 1 7
肺癌 - 1
肝癌 114 104 33 17 - 14 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院に入院し、癌診療を受けた5つの代表的癌疾患(5大癌)の診療情報の指標。
はじめての治療(初発)時の癌の進行度(Stage;ステージ)と再発で治療を受けた患者数を集計した。
当院にがん治療のために入院した患者の癌進行度の最頻値は次のとおりであった。
胃癌:StageⅠ  大腸癌:StageⅢ  乳癌:StageⅠ  肝癌:StageⅠ
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 - - -
重症度 1 16 15.88 82.56
重症度 2 16 20.94 81.25
重症度 3 - - -
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
日常生活をしていた人が発症した肺炎(市中肺炎)の重症度を見た指標。
重症度1、2ともに平均年齢は80歳を超えている。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 15 18.67 72.53 17.65
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 68 31.28 74.49 21.78
その他 33 25.03 72.06 7.92
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 21 13.14 70.95 7.69
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
脳梗塞を国際的な疾病等の分類(ICD-10分類)に基づき、入院患者数等を見た指標。
主な疾患としては、次の診療による入院である。
G46$:ラクナ梗塞等による入院。
I63$:脳動脈の閉塞症等に起因する脳梗塞による入院。
I65$:脳底動脈、頚動脈または椎骨動脈の閉塞症等による入院。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 4470 0.24 1.02 0 72.93
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 936 0.88 6.85 0 65.26
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) 159 0.51 5.39 0 71.75
眼科における最も多い手術は、白内障に対する水晶体再建術の4,470件であった。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 等 432 4.3 26.25 5.09 71.98
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 127 1.31 26.39 0 25.5
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方椎体固定) 85 4.58 29.78 4.71 71.07
整形外科における最も多い手術は、変形性膝関節症に対する人工関節置換術(膝)の432件であった。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 511 0.67 2.23 0.2 69.4
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 103 6.91 13.23 3.88 76.06
K654 内視鏡的消化管止血術 73 2.58 10.1 1.37 73.77
消化器内科における最も多い手術は、大腸ポリープに対する内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満)の511件であった。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 149 1.07 3.39 0 68.4
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 134 2.3 5.18 0.75 62.44
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 98 1.11 4.23 1.02 58.94
外科における最も多い手術は、鼠径ヘルニアに対するヘルニア手術(鼠径ヘルニア)の149件であった。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 246 2.61 2.14 0.41 69.58
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 103 1.78 2.32 1.94 72.24
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの) 102 1.52 3.77 0 64.86
循環器内科における最も多い手術は、狭心症に対する経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの)の246件であった。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 159 2.26 4.81 0.63 72.9
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 107 1.54 2.72 0 62.15
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 64 2.78 10.27 1.56 67.5
泌尿器科における最も多い手術は、膀胱癌に対する膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの)の159件であった。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 136 2.15 4.29 0 42.32
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 114 1.12 5.2 0 47.46
K867 子宮頸部(腟部)切除術 109 0.96 1 0 40.58
産婦人科における最も多い手術は、卵巣の良性腫瘍に対する子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの)の136件であった。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K319 鼓室形成手術 111 1.49 11.56 0 54.58
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 50 2.98 8.26 0 23.6
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 47 1.3 6.57 0 57.09
耳鼻咽喉科における最も多い手術は、中耳炎に対する鼓室形成手術の111件であった。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 52 0.02 1.15 0 68.29
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 48 1.04 5.48 0 72.21
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 44 0.36 1.27 0 70.18
形成外科における最も多い手術は、下肢静脈瘤に対する下肢静脈瘤血管内焼灼術の52件であった。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6146 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 24 7.46 22.75 16.67 70.63
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの)(2吻合以上のもの) 21 7.29 23.86 4.76 69.71
K5551 弁置換術(1弁のもの) 16 9.75 27.81 6.25 73.06
心臓血管外科における最も多い手術は、狭心症に対する血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈)の24件であった。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 73 12.77 16.58 9.59 67.73
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 12 11.5 12.92 0 67.08
K178-4 経皮的脳血栓回収術 - - - - -
内科における最も多い手術は、人工透析導入を目的とした内シャント設置術の73件であった。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 26 5.62 17.62 23.08 64.5
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 15 1.6 9.87 20 73.87
K6101 動脈吻合術(頭蓋内動脈) 10 11.9 18.8 20 56.7
脳神経外科における最も多い手術は、脳腫瘍に対する頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの)の26件であった。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 38 0.19
180010 敗血症 同一 10 0.05
異なる 49 0.24
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 153 0.75
異なる 35 0.17
入院医療費の支払い制度(DPC包括医療費支払い制度)から見た入院患者数と保険請求した患者数割合の指標。
入院の合併症として代表的な、DPC分類から4つ患者数等を集計。
なお、「180040 手術・処置等の合併症」は、国際的な疾病等の分類(ICD-10分類)の表現を用いた分類表現である。
当院は手術・処置等の合併症による入院のうち入院契機が同一である症例数が153件と最も多い。
これは、過去に行った手術について経過的に発生した各種合併症による入院症例数を表している(例:人工股関節の術後脱臼等)。
更新履歴