独立行政法人労働者健康安全機構 大阪労災病院

文字サイズ変更ボタン
Google WEB全体 サイト内
大労で受診する 大労に入院する 大労を知る 求人情報

病院のご紹介

トップページ >病院のご紹介 > クリニカル・インジケータ(外科)

クリニカル・インジケータ(外科)

がん手術実績年次推移(2000-2015)

手術
部位
2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年
125 125 125 129 109 130 106 112
大腸 117 96 136 166 118 143 136 161
42 31 21 32 33 17 22 22
5 10 8 11 6 8 11 9
合計 298 278 311 346 276 309 280 310
手術
部位
2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
113 108 111 119 105 118 104 108
大腸 155 159 144 164 184 173 159 213
42 52 56 56 26 17 39 56
11 14 15 18 29 13 17 16
合計 325 336 327 362 353 324 323 393

このページのトップへ

消化器外科診療実績

手術実績年次推移(2006-2015)

部位 疾患・術式 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年
食道 食道癌 5 6 4 3 1
その他 5 1
小計 5 11 4 3 2
胃十二指腸 胃癌・全摘 37 26 37 27 27
胃癌・切除(開腹) 56 41 36 44 37
胃癌・LADG
(腹腔鏡下手術)
7 35 28 31 35
胃癌・その他 6 10 12 6 12
胃十二指腸潰瘍 1 5 2 1 3
その他 6 8 3 9 7
小計 113 125 118 118 121
大腸・小腸 結腸癌・切除(開腹) 64 75 53 57 39
結腸癌・腹腔鏡下切除 12 24 36 42 35
結腸癌・その他 2 6 2 3 8
直腸癌・切除(開腹) 48 32 38 39 29
直腸癌・腹腔鏡下切除 5 13 24 15 20
直腸癌・その他 5 10 2 2 13
潰瘍性大腸炎 24 18 20 24 7
クローン病 34 21 19 25 28
その他 33 37 25 17 38
小計 227 236 219 224 217
肝細胞癌 15 9 31 33 30
胆管細胞癌 1 1 1 4
転移性肝癌 6 12 11 18 22
その他 3 2 1 3
小計 25 24 42 53 59
胆道 胆嚢癌 6 1 2 4 4
胆管癌 6 3 5 8 12
胆石、胆嚢炎 111 110 99 89 82
総胆管結石、肝内結石 3 12 11 7
胆道系良性腫瘍 12 3
その他 15
小計 153 126 117 101 108
膵癌 11 9 11 14 15
その他 12 6 1 6
小計 23 15 11 15 21
その他 腸閉塞 17 23 24 14 15
虫垂炎 12 13 18 14 15
肛門疾患 12 20 22 9 9
ヘルニア 121 122 119 113 89
腹壁疾患 8 13 18 7 29
脾・後腹膜疾患 20 4 3 2
その他 16 27 20 34 20
小計 206 222 224 191 179
合計 752 759 735 705 707
部位 疾患・術式 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
食道 食道癌 5 6 3 4 1
その他 4 2
小計 5 10 3 4 3
胃十二指腸 胃癌・全摘 38 28 33 26 24
胃癌・切除(開腹) 38 33 41 24 32
胃癌・LADG(腹腔鏡下手術) 25 23 39 36 29
胃癌・その他 13 9 5 14 20
胃十二指腸潰瘍 1 6 2 6 35
その他 4 8 6 5 4
小計 119 107 126 111 144
大腸・
小腸
結腸癌・切除(開腹) 55 49 34 14 35
結腸癌・腹腔鏡下切除 37 59 75 76 83
結腸癌・その他 7 8 7 6 12
直腸癌・切除(開腹) 33 36 14 8 14
直腸癌・腹腔鏡下切除 22 21 28 43 35
直腸癌・その他 10 11 15 12 24
潰瘍性大腸炎 7 31 24 9 6
クローン病 31 25 11 2 11
その他 46 33 35 52 169
小計 248 273 243 222 389
肝細胞癌 34 26 13 39 34
胆管細胞癌 4 4 7 7 4
転移性肝癌 18 18 26 23 18
その他 1 1
小計 57 49 46 69 56
胆道 胆嚢癌 4 7 4 6 3
胆管癌 3 8 8 7 11
胆石、胆嚢炎 122 118 163 121 156
総胆管結石、肝内結石 4 1 2
胆道系良性腫瘍
その他 5 1 1 25
小計 138 135 177 135 195
膵癌 18 20 17 17 14
その他 8 1 3 3 2
小計 26 21 20 20 16
その他 腸閉塞 17 11 20 26
虫垂炎 24 23 27 23 37
肛門疾患 23 13 14 14 19
ヘルニア 125 146 126 160 168
腹壁疾患 15 11 21 16
脾・後腹膜疾患 5 2 1
その他 28 135 71 37
小計 204 226 333 317 278
合計 797 821 948 878 1,081
このページのトップへ

Stage別がん手術後5年生存率(2009-2010年手術症例)

胃がん(原病死、他部位がん死、他病死)

Stage 死亡 生存 患者数 生存率(%)
T 19 122 141 86.5
U 16 19 35 54.3
V 6 10 16 62.5
W 21 11 32 34.4
合計 62 162 224 72.3

胃がん(原病死)

Stage 死亡 生存 患者数 生存率(%)
T 6 122 128 95.3
U 6 19 25 76.0
V 4 10 14 71.4
W 8 11 19 57.9
合計 24 162 186 87.1

大腸がん(原病死、他部位がん死、他病死、死因不明)

Stage 死亡 生存 患者数 生存率(%)
0 2 7 9 77.8
T 2 55 57 96.5
U 18 79 97 81.4
VA 11 48 59 81.4
VB 5 17 22 77.3
W 26 13 39 33.3
合計 64 219 283 77.4

大腸がん(原病死)

Stage 死亡 生存 患者数 生存率(%)
0 0 7 7 100.0
T 0 55 55 100.0
U 2 79 81 97.5
VA 3 48 51 94.1
VB 2 17 19 89.5
W 15 13 28 46.4
合計 22 219 241 90.9

大阪府がん登録における新発届出患者数および
進行度別5年相対生存率

  2007〜2009年
初発患者数
受診状況(%) 2003〜2007年
初発主治療
手術 放射線 化学療法 対象数 生存率(%)
胃癌 539 75.1 0.6 28.0 654 66.1
大腸 503 87.7 3.0 37.8 575 76.5
肝および
肝内胆管
344 19.5 1.2 15.1 276 42.5
乳房 343 88.6 22.4 46.4 360 91.0
  臨床進行度
限局 領域 遠隔 病期調整
生存率(%)
対象数 生存率(%) 対象数 生存率(%) 対象数 生存率(%)
胃癌 324 97.3 212 44.2 116 12.6 63.2
大腸 277 98.4 205 72.4 91 17.9 71.8
肝および
肝内胆管
239 48.4 <30  -*  <30  -*  -* 
乳房 206 97.3 141 83.7 <30  -*  90.9

※対象数が30未満の場合は”<30”とし、生存率を”-*”とした

このページのトップへ

臨床治験・臨床研究

 [ 現在継続中のもの:2013/4/1 ]

乳癌関連

  1. SELECT BC Trial:転移・再発乳がんに対するタキサン系薬剤とティーエスワンのランダム化比較試験
  2. KBCSG0711:進行・再発乳癌に対するTS-1 + Trastuzumab併用化学療法の第I/II相臨床試験
  3. JBCRG-04:術前化学療法、原発巣手術施行後、病理学的に腫瘍が残存している乳がん患者を対象にした術後補助療法におけるCapecitabine単独療法の検討 ―第III相比較試験―
  4. N-SAS BC 05:閉経後乳がんの術後内分泌療法5年終了患者に対する治療終了とアナストロゾール5年延長のランダム化比較試験 付随研究:乳がん患者の多目的コホート研究 05
  5. JBCRG-05:閉経後・ホルモン感受性・neo-adjuvant anthracycline不応性の原発性乳癌に対する術前Letrozole + Docetaxel療法の第II相試験(付随:トランスレーショナルリサーチ)
  6. JBCRG-06:閉経後・ホルモン感受性・neo-adjuvant anthracycline不応性の原発性乳癌に対する術前Letrozole療法の第II相試験(付随:トランスレーショナルリサーチ)
  7. JBCRG-07:閉経後・ホルモン感受性乳癌における術前Letrozoleと低用量Metronomic Cyclophosphamide併用療法の第II相試験(付随:トランスレーショナルリサーチ)
  8. N-SAS BC 06:レトロゾールによる術前内分泌療法が奏効した閉経後乳がん患者に対する術後化学内分泌療法と内分泌単独療法のランダム化比較試験
    付随研究:乳がん患者の多目的コホート研究 06
  9. N-SAS BC 07:HER2陽性の高齢者原発性乳がんに対する術後補助療法におけるトラスツズマブ単剤と化学療法併用に関するランダム化比較試験
    付随研究:HER2陽性の高齢者原発性乳がんに対する術後補助療法における観察研究、乳がん患者の多目的コホート研究 07
  10. JBCRG-09:ホルモン受容体陽性かつHER2陰性の原発性乳がんに対するドセタキセル/シクロフォスファミド(TC)療法、5-フルオロウラシル/エピルビシン/シクロフォスファミド(FEC)-TC療法、TC-FEC療法による術前化学療法のランダム化試験
  11. KMBOG1014:進行・再発乳癌に対するWeeklyパクリタキセル+ゲムシタビン併用療法 多施設共同第II相試験
  12. KMBOG1015:タキサン耐性進行・再発乳癌に対するビノレルビン+ゲムシタビン併用療法 多施設共同第II相試験
  13. Neo-ACET BC:エストロゲン受容体(ER)陽性の閉経後乳癌に対するアナストロゾール(ANA)療法とANA+ユーエフティ(UFT)併用療法の無作為化第II相臨床試験
  14. SELECT BC-CONFIRM:転移・再発乳癌に対するアンスラサイクリン系薬剤とティーエスワンのランダム化比較試験 SELECT BC-ECOII:乳癌患者における臨床試験参加・辞退の生存予後調査(II)SELECT BC-FEELII:乳癌患者における臨床試験参加・辞退に影響する要因の質問調査(II)
  15. 乳癌に対するラジオ波焼灼療法(RFA)
  16. 乳癌化学療法におけるレバミピドの口腔粘膜炎発症予防効果に関する検討(PhaseU)
  17. 乳がんに対するEC/FEC療法及びAC療法についての制吐療法がDose Intensityならびに生命予後に与える影響を検討するための調査研究
  18. ホルモン感受性の進行乳癌(65歳以上)におけるLetrozole,Cyclophosphamide及びCapecitabine併用療法(LCX)の第U相試験
  19. POTENT試験:エストロゲン受容体陽性HER2陰性乳癌に対するS-1術後療法ランダム化比較第V相試験
  20. 手術可能HER2陽性乳癌に対するAnthracycline-based regimen followed by nab-Paclitaxel療法+Trastuzumab 併用術前化学療法臨床第U相試験
  21. KBCSG-TR1213:Tri-weekly nab-Paclitaxel followed by FEC療法による術前化学療法の第U相試験
  22. KBCSG-TR1214:ホルモン陽性HER2陰性転移・再発乳癌を対象としたパクリタキセル+ベバシズマブ導入化学療法後のホルモン維持療法とホルモン療法+カペシタビン併用維持療法の無作為化第U相臨床試験
  23. JUSRT-STUDY:進行・再発乳がんにおけるエリブリン投与スケジュール検討(多施設共同臨床第U相試験)
  24. JBCRG-C05:HER2陰性の手術不能又は再発乳癌患者を対象としたベバシズマブとパクリタキセルの併用療法有用性を検討する観察研究
  25. KBC-SG 1105:HER2陰性アンスラサイクリン系およびタキサン系薬剤既治療の進行・再発乳癌患者に対するエリブリンの安全性および有効性に関する検討
  26. JBCRG-17:HER2陰性局所進行乳癌に対するアンスラサイクリン・タキサン・エリブリン逐次療法の有用性確認試験
このページのトップへ

胃癌関連

  1. 「S-1単独療法に治療抵抗性を示した進行・再発胃がんに対するCPT-11+CDDP併用化学療法vsCPT-11単独療法の無作為化比較第III相臨床試験」 (大阪大学消化器外科共同研究会 上部疾患分科会)
  2. 「幽門胃切除時の迷走神経腹腔枝温存に関するランダム化比較第II相臨床試験」 (大阪大学消化器外科共同研究会 上部疾患分科会)
  3. 「HER2陰性治癒切除不能進行・再発胃癌に対するカぺシタビン+シスプラチン療法の安全性・有効性の検討 -第U相試験-」 (大阪大学消化器外科共同研究会 上部疾患分科会)
  4. 「測定可能病変を有していない進行再発胃癌と対象としたS-1+DTX療法とS-1+CDDP療法のランダム化第U相試験」 (大阪消化管がん化学療法研究会:OGSG)
  5. 「前治療を有するHER2強陽性進行・再発胃癌を対象とするトラスツズマブ/パクリタキセル併用療法 -第U相試験-」 (がん集学的治療研究財団:JFMC45-1102)
  6. 胃癌肝転移症例(同時性、異時性)に対する化学療法施行後のsurgical interventionに関する第U相臨床試験
  7. HER2陽性65歳以上の進行胃癌に対するテイーエスワン+トラスツズマブ併用療法の第U相試験
  8. HER2陽性・測定可能病変を有さない進行再発胃癌に対するTS-1+CDDP+  Trastuzumab(SPT) 3週間サイクル併用療法第U相試験  HERBIS-1B(大阪消化管がん化学療法研究会:OGSG)
  9. TS-1術後補助化学療法後の再発胃癌症例に対するTS-1+CDDP(SP)療法とカペシタビン+CDDP(XP)療法の無作為化第U相臨床試験 HERBIS-2 (大阪消化管がん化学療法研究会:OGSG)
  10. 測定可能病変を有していない進行再発胃癌を対象としたS-1+DTX 療法とS-1+CDDP 療法のランダム化第U相試験 HERBIS-3 (大阪消化管がん化学療法研究会:OGSG)
このページのトップへ

大腸癌関連

  1. 大腸癌患者における抗癌剤効果予測因子のmRNA発現分布調査 (全国集計)
  2. 進行直腸癌に対する腹腔鏡下手術(低位前方切除術)の開腹移行率に関する臨床試験 (大阪大学消化器外科共同研究会 大腸疾患分科会:MCSGO-0902)
  3. 進行・再発結腸・直腸癌を対象としたmitochondrial transcription factor A(mtTFA)発現によるXELOX or XELIRI + Bevacizumabの有効性の検討 (福岡大学医学部消化器外科:FUTURE1001試験) ⇒登録終了
  4. 結腸・直腸がんのFOLFOX/XELOX療法に対する制吐療法についてアプレピタント併用の有用性を検討するための多施設共同無作為化比較試験 (大阪大学消化器外科共同研究会 大腸疾患分科会)
  5. 大腸癌手術に対する術後回復強化(ERAS)プロトコールの多施設共同安全評価試験 (大阪大学消化器外科共同研究会 大腸疾患分科会)
  6. 大腸癌術後補助化学療法におけるUFT/LV療法の服用方法に関する検討(分3投与 vs 分2投与)(大阪大学消化器外科共同研究会 大腸疾患分科会)
  7. 直腸癌手術における左結腸動脈温存の意義に関する検討(大阪大学消化器外科共同研究会 大腸疾患分科会)
  8. StageV結腸癌治癒切除例に対する術後補助化学療法としての日本人におけるXELOX療法の有効性・安全性の検討-PhaseU試験-(大阪大学消化器外科共同研究会 大腸疾患分科会)
  9. KRAS遺伝子野生型切除不能・進行再発大腸癌に対するPanitumumab+フッ化ピリミジン系薬剤併用療法の臨床第II相試験(ECRIN:PF-Study)
  10. T1, T2下部直腸癌に対する補助療法併用縮小手術の評価 第U相臨床試験(大阪大学消化器外科共同研究会 大腸疾患分科会)
  11. KRAS野生型の進行・再発大腸癌に対するSOX+B-mab療法とSOX+C-mab療法の無作為化比較第U相試験(大阪大学消化器外科共同研究会 大腸疾患分科会)
  12. 再発した大腸がんに対するFOLFOX、XELOX±BV療法の有効性確認試験(兵庫医科大学 外科学講座 下部消化管外科:REACT study)
  13. KRAS遺伝子野生型のフッ化ピリミジン系薬剤,オキサリプラチン(L-OHP),CPT-11不応かつCPT-11併用不能な治癒切除不能な進行・再発の結腸直腸癌に対するbiweeklyセツキシマブ単剤療法対パニツムマブ単剤療法のランダム化比較第U相臨床試験(TCTG:CPmab試験)
  14. 再発危険因子を有するStageU大腸癌に対するUFT/LV療法の臨床的有用性に関する研究(がん集学的治療研究財団:JFMC46 HOPE試験)
  15. StageV結腸癌治癒切除例に対する術後補助化学療法としてのmFOLFOX6療法またはXELOX療法における5-FU系抗がん剤およびオキサリプラチンの至適投与期間に関するランダム化第V相比較臨床試験(がん集学的治療研究財団:JFMC47 ACHIEVE Trial)
  16. 直腸癌治癒切除例に対する術後補助化学療法としてのXELOX療法の有効性確認試験(大阪大学消化器外科共同研究会 大腸疾患分科会)
  17. EGFR 陽性及びKRAS 野生型の進行・再発の結腸・直腸癌に対するXELOX+Erbitux 併用療法の第II 相試験(ECRIN:FLEET2)
  18. 未治療の進行再発大腸癌に対する個別化mFOLFOX7+Bmab療法の第U相臨床試験(ECRIN:A-JUST study)
  19. 切除不能大腸癌1次治療におけるTS-1,irinotecan,bevacizumab併用療法の有用性を検証する臨床第V相試験(TCOG:TRICOLORE)
  20. 治癒切除不能・進行再発大腸癌における1次治療としてのXELOX(100mg/m2)+ベバシズマブ併用療法に関する有効性の検討(大阪大学消化器外科共同研究会 大腸疾患分科会)
  21. EGFR 陽性及びKRAS codon G13D の進行・再発の結腸・直腸癌に対するCetuximab 対 Irinotecan+Cetuximab 併用療法の比較第II 相試験(ECRIN:G13D study)
  22. KRAS野生型転移性大腸癌に対する2次治療パニツムマブ+イリノテカン±フッ化ピリミジン系薬剤併用療法のランダム化臨床第U相試験(ECRIN:PACIFIC study)
  23. 進行・再発大腸癌に対する二次治療におけるベバシズマブ+イリノテカン+S-1隔日投与第U相試験(ECRIN:AIRS試験)
  24. KRAS遺伝子野生型のフッ化ピリミジン系薬剤,オキサリプラチン(L-OHP),CPT-11不応かつCPT-11併用不能な治癒切除不能な進行・再発の結腸直腸癌に対するbiweeklyセツキシマブ単剤療法対パニツムマブ単剤療法のランダム化比較第U相臨床試験(TCTG:Cpmab試験)
  25. 局所進行下部直腸癌に対する周術期XELOX療法に関する有効性の検討 -PhaseU Study-(大阪大学消化器外科共同研究会 大腸疾患分科会)
  26. フォンダパリヌクスナトリウムによる腹腔鏡下大腸切除術施行患者の 静脈血栓塞栓症(VTE)の予防に関する有効性の検討〜第III相試験〜(大阪大学消化器外科共同研究会 大腸疾患分科会)
  27. 大腸がんにおけるバイオマーカーとしての血液中miRNAの同定(大阪大学大学院医学系研究科外科学講座消化器外科との共同研究)
このページのトップへ

GIST関連

  1. 大型の胃GISTに対する術前イマチニブ療法の日韓共同第II相試験(日韓両国GIST研究会)
このページのトップへ

肝胆膵

  1. 肝切離面に対するPGAフェルト併用フィブリンシーリング法の出血・胆汁漏予防に関する有用性の検討(大阪大学消化器外科共同研究会 肝胆膵疾患分科会)
  2. 肝切除術における腹腔ドレナージの有無と安全性に関する前向きコホート研究(大阪大学消化器外科共同研究会 肝胆膵疾患分科会)
  3. 肝細胞癌治療における術前肝動脈塞栓化学療法(TACE)の有用性の検討(大阪大学消化器外科共同研究会 肝胆膵疾患分科会)
  4. 肝葉切除を伴わない胆道癌切除例に対するゲムシタビンとシスプラチン 併用療法による術後補助化学療法の第 I 相試験 (関西肝胆道オンコロジーグルー(KHBO) 1004 試験
  5. 切除不能胆道がんに対するゲムシタビン/ティーエスワン/シスプラチン併用化学療法による臨床第I相試験 (関西肝胆道オンコロジーグループ(KHBO) 1002 試験)
  6. 腹腔鏡下胆嚢摘出術における術後嘔気嘔吐に対するデキサメサゾン予防投薬に関する多施設共同2重盲検ランダム化比較試験
このページのトップへ

炎症性腸疾患・栄養・NST関連

  1. 潰瘍性大腸炎術後,Pouchitis(およびCuffitis)に対するプロバイオティクス(ミヤBMR:Clostridium butyricum)の予防効果および起因病原菌に関する臨床研究 研究代表者:伊藤壽記(大阪大学大学院医学系研究科生体機能補完医学講座)  [平成19年1月〜]
  2. 厚生科学研究費補助金特定疾患対策研究事業『難治性炎症性腸管障害に関する調査研究』班(班長:渡辺 守)” 
  3. 「潰瘍性大腸炎、クローン病外科治療指針の改訂」(代表:杉田 昭)
  4. 「クローン病に合併した大腸癌のsurveillance program確立の検討(痔瘻癌を含む)」(多施設共同研究:代表 杉田 昭)
  5. 「クローン病の術後長期経過例におけるIntestinal failure (Short bowel syndrome)についての調査研究と対策」(多施設共同研究:代表 佐々木巌)
  6. 「就学期における潰瘍性大腸炎手術例の成績調査」(多施設共同研究:代表 藤井久男)
  7. 「潰瘍性大腸炎に合併した肛門病変についての調査研究」(多施設共同研究:代表 藤井久男)
  8. 「Crohn病人工肛門造設例の経過と合併症の検討-合併症発生の危険因子、直腸切断後の予後の検討-」(多施設共同研究:代表 杉田 昭)
  9. 炎症性腸疾患におけるSOCS-1のメチル化解析(共同研究 代表者 医薬基盤研究所:仲 哲治)
  10. 炎症性腸疾患のマイクロRNA遺伝子の同定と高精度の診断法に関する研究(大阪大学消化器外科:関本貢嗣、石井秀始、森 正樹;米国オハイオ州立大学分子ウイルス学免疫学遺伝学講座Carlo M Croce)
このページのトップへ

外科感染症

  1. DR-3355注射剤の外科感染症を対象とした臨床試験(第V相)
  2. DR-3355注射剤の腹膜炎患者を対象とした臨床試験(第V相)

奨学金

  1. 金 浩敏:
    財団法人大阪難病研究財団 医学研究助成 「下部直腸癌術後の肛門機能に関する研究」,平成23年度
    公益社団法人 医学振興銀杏会 地域医療に関する助成 「肛門括約筋温存手術後の肛門機能評価-肛門内圧検査の意義-
インデックスページへ このページのトップへ