独立行政法人労働者健康安全機構 大阪労災病院

文字サイズ変更ボタン
Google WEB全体 サイト内
大労で受診する 大労に入院する 大労を知る 求人情報

助産師外来

トップページ >助産師外来

助産師外来のご案内

大阪労災病院では、平成21年4月から助産師外来を開設しました。

助産師外来とは

助産師外来の対象となる方

糖尿病、高血圧、切迫早産の入院歴、胎児異常、子宮の手術歴がない方、BMI30までの方が対象となります。

*BMI=妊娠前の体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

助産師外来

健診日時 火曜日・金曜日の週2回
(産婦人科外来にて)
一人約30分完全予約制
(ご主人様やお子様連れでも可)
担当助産師 産婦人科病棟認定助産師、
母性看護専門看護師
健診料 1回3500円(公費券使用可)

健診スケジュール

健診間隔 妊娠週数 担当者 内容
4週間に1回 初診〜21週 医師 初期採血・超音波検査・クラミジア検査・保健指導
22〜23週 助産師 保健指導
2週間に1回 24〜27週 助産師 中期採血・保健指導
28〜30週 医師 超音波検査・保健指導
31〜32週 助産師 ATL採血・保健指導
33〜36週 医師 後期採血・超音波検査・膣の細菌(GBS)検査
保健指導・乳頭チェック・入院案内
1週間に1回  

37〜39週 助産師 内診・保健指導
40週〜 医師 内診・胎児心拍とお腹の張りを確認する検査
保健指導

助産師外来では、赤ちゃんとのコミュニケーションを目的として、毎回超音波で見ています。

このページのトップへ

助産師外来の流れ 「こんにちは。どうぞお入りください。」助産師外来の内容:血圧測定/体重測定/尿検査/お腹の大きさ(腹囲・子宮底)測定/赤ちゃんの心拍測定/出血やお腹の張り、むくみの確認/37週以降は内診/保健相談・指導/超音波 ※ご家族の方ともご緒に、超音波で赤ちゃんの様子を 見ながらコミュニケーションをはかります。 助産師外来の超音波は診断目的で行うものでは ありません。 DVDディスクをお持ちいただければ、録画して ご自宅でもご覧いただけます。「超音波で赤ちゃんを見てみましょうね。DVDお持ちでしたら録画しますよ。」 「赤ちゃん、元気いっぱお動いてくれていますね。」「元気な赤ちゃんを産むためにこの調子で頑張っていきましょうね。」「素敵なお産に立ち会えること楽しみにしてます。」妊婦健診を経て、元気な女の子の誕生です。お産後も引き続き、一緒にがんばりましょうね。
  インデックスページへ このページのトップへ
HOME
助産師外来
大阪労災病院のチーム医療について
がんに関するご相談について
人間ドック・健診
海外勤務健康プラザ
大阪労災看護専門学校
治療就労両立支援センター
医療機能評価認定病院 認定第GB196号