独立行政法人労働者健康安全機構 大阪労災病院

文字サイズ変更ボタン
Google WEB全体 サイト内
大労で受診する 大労に入院する 大労を知る 求人情報

個人情報保護等について

トップページ >個人情報保護方針

個人情報保護に関する基本方針

当院は信頼の医療に向けて、患者さんに良い医療を受けていただけるよう日々努力を重ねております。「患者さんの個人情報」につきましても適切に保護し管理することが非常に重要であると考えております。そのために当院では、以下の個人情報保護方針を定め確実な履行に努めます。

個人情報とは

生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)をいいます。
具体例:氏名、生年月日、住所、電話番号など

法令等の遵守

当院は、個人情報の保護に関する法令及び内部規程を遵守し、保有する個人情報の適正な管理・利用と保護に努めます。

個人情報の取得

当院は、診療・看護及び患者さんの医療に係る範囲において個人情報を取得します。なお、法令に定められている場合及び本人の同意がある場合を除き、 個人情報を第三者から取得いたしません。

個人情報の利用目的の通知等

当院は、個人情報の利用目的について通知又は公表を行います。
なお、本人から書面に記載された個人情報を取得する場合は、利用目的を明示します。

個人情報の目的外利用の禁止

当院は、保有する個人情報を以下の場合を除き、通知又は公表している利用目的の範囲を超えて利用いたしません。

  • 患者さんの了解を得た場合
  • 個人を識別あるいは特定できない状態に加工(匿名化)して利用する場合
  • 法令等により提供を要求された場合

また、法令に定められている場合及び本人の同意がある場合を除き、保有する個人情報を第三者に提供しません。

個人情報の開示等

当院は、保有する個人情報について開示等(保有個人情報の利用目的の通知、保有個人情報の開示、保有個人情報の訂正、追加又は削除、保有個人情報の利用停止)を行います。患者さんの個人情報のお問い合わせは、下記の窓口でお受けいたします。

窓口「医事課(医事課長)」です。

個人情報に関する苦情への対応

当院は、個人情報に関する苦情に対して適切かつ迅速に対処します。苦情につきましては、下記の窓口でお受けいたします。

窓口:メディカルサポートセンター(なんでも相談室)です。

このページのトップへ

個人情報の利用目的

当院では患者さんの個人情報(氏名、年齢及び住所等)の保護に全力で取り組んでいます。
当院では、患者さんの個人情報は下記の目的に利用し、その取扱いには万全の体制で取り組んでいます。なお、取扱いについてお気づきの点等ございましたら、担当窓口にお申し出ください。

大阪労災病院長

当院における患者さんの個人情報の利用目的について

医療の提供

  • 患者さんに提供する医療サービス
  • 他の医療機関、訪問看護ステーション、老人介護施設、介護サービス事業者等との連携(紹介、照会、または照会に対する回答)
  • ご本人が受診している他の医療機関(かかりつけ医など)等への診療情報提供
  • 調剤を行う調剤薬局への情報提供
  • 患者さんの診療のため、外部の医師等の意見・助言を求める場合
  • 検体検査業務の委託その他の業務委託
  • ご家族等への病状説明
  • その他、患者さんへの医療提供に関する利用

診療費請求のための事務

  • 当院での医療・介護・労災保険、公費負担医療に関する事務及びその委託
  • 審査支払機関へのレセプトの提出
  • 審査支払機関又は保険者からの照会への回答
  • 公費負担医療に関する行政機関等へのレセプトの提出、照会への回答
  • その他、医療・介護・労災保険、および公費負担医療に関する診療費請求のための利用

当院の管理運営業務

  • 会計・経理
  • 医療事故等の報告
  • 当該患者さんの医療サービスの向上
  • 入退院等の病棟管理
  • その他、当院の管理運営業務に関する利用

その他

  • 企業等から委託を受けて行う健康診断等における、企業等へのその結果の通知
  • 医師賠償責任保険などに係る、医療に関する専門の団体、保険会社等への相談又は届出等
  • 医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
  • 当院内において行われる教育・医療実習への協力
  • 医療の質の向上を目的とした当院内外での医学研究
  • 外部監査機関への情報提供
  • 医療費の未収金等に係る、債権回収業務委託先への情報提供
  • 国または地方自治体が実施するがん登録事業に対するがん登録情報の提供

付記

  1. 上記のうち、他の医療機関等への情報提供について同意しがたい事項がある場合には、その旨をお申し出下さい。
  2. お申し出がないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。
  3. これらのお申し出は後からいつでも撤回、変更等をすることが可能です。

大阪労災病院

窓口:メディカルサポートセンター(なんでも相談室)

当院が扱う個人情報が含まれる記録等について



個人情報が含まれる
記録等の種類
内容・コンテンツ
*診療および診療報酬請求事務以外では、
個人を識別あるいは特定できない状態に
加工(匿名化)して利用されます。





診療録 医師法施行規則第23条で定められた以下の項目
1.診療を受けた者の基本情報(氏名、性別、年齢及び生年月日)、住所
2.病名及び主要症状
3.治療方法(処方及び処置)
4.診療の年月日

保険医療機関及び保険医療養担当規則第22条で定められた以下の項目
5.診療終了年月日
6.保険者番号、被保険者証の記号・番号・有効期限
7.被保険者の氏名・資格取得年月日
8.保険者の名所・所在地
処方箋 医療法第21条及び保険医療機関及び保険医療養担当規則第23条に基づいた以下の項目
1.診療を受けた者の基本情報
2.保険者番号、被保険者証の記号・番号
3.処方薬
4.服用方法
5.発行年月日
6.使用期間
7.患者の住所(麻薬処方箋の場合)
投薬指導記録 1.診療を受けた者の基本情報
2.指導方法、指導記録
3.診断名
4.家族歴
5.主訴
6.入院時の状態・治療方針
手術記録 1.診療を受けた者の基本情報
2.手術の年月日
3.術前処置
4.麻酔の種類、麻酔薬名、麻酔名
5.術式、術者、手術開始時間と終了時間、追加術式
6.出血量、輸血量
7.術前、術中、術後所見
8.切除標本の病理組織所見、術後診断
看護記録 1.診療を受けた者の基本情報、住所、連絡先、入退院年月
2.看護診断記録(患者の状態及び看護経過の記録)
3.熱方表(体温表)
4.看護計画表
検査所見記録 1.診療を受けた者の基本情報
2.検体採取日、検査日
3.専門医によって診断された報告書
4.専任の検査技師によって撮られた記録
照射録 診療放射線技師法第28条に基づく以下の項目
1.照射を受けた患者の基本情報
2.照射年月、方法
エックス線画像、
CT、MRI、エコー等
1.診療を受けた者の基本情報
2.撮影・検査年月日、時間
3.依頼科
栄養指導記録 1.診療を受けた者の基本情報
2.指導内容
3.病名
4.その他患者の傷病に関わる情報
紹介状及び
診療情報提供書
1.診療を受けた者の基本情報
2.傷病名
3.診療年月日
4.その他患者の傷病に関わる情報
退院した患者にかかる
入院期間中の診療経過の
要約(サマリー)
1.診療を受けた者の基本情報、住所
2.最終診断名
3.入退院年月日
4.入退院経路
5.術式名
診療報酬明細書 1.診療を受けた者の基本情報
2.病名
3.入退院年月日
4.診療年月日
5.保険者番号、被保険者証の記号・番号
6.診療録に沿った診療行為等
助産録 助産録の記載事項については保健師助産師看護師法第34条に定められた以下の項目
1.診療を受けた者の基本情報
2.妊娠歴
3.現妊娠歴
4.分娩経過情報
5.新生児情報

このページのトップへ

診療記録の開示を希望される方へ(お知らせ)

大阪労災病院長

当院では患者様が自分の病気について深く理解された上で治療に専念していただけるように患者様からカルテなど診療記録の開示の希望があった場合には 治療効果への影響やプライバシーの保護等について支障が生じないことを確認した上で開示しております。

ただし、診療記録の開示に当たっては刑法上の守秘義務がありますので厳密な書類上の手続きが必要となります。

開示を希望される方はこの「お知らせ」をご覧いただき必要な書類をご持参の上、手続きをされるようお願いいたします。

1.開示請求することができる方

(1) 満15歳以上の患者様本人(ただし、成年被後見人を除きます。)
(2) 患者様の法定代理人(親権者、後見人)
(3) 実質的に患者様のお世話をしている親族又はこれに準ずる方
(4) 患者様遺族(法定相続人に限定)

※ ただし、(2)(3)において患者様が満15歳以上の場合は成年被後見人を除き患者様の同意が必要となります。

2.請求の手続き

(1) 請求される方は診療記録開示請求書(様式2)、診療記録開示に関する誓約書(様式3)をご記入の上、必要な書類を添えて当院医事課に提出していただきます。原則として来訪により受け付けております。
(2) 請求書の受理後は開示しても差し支えがないか等について病院として 判断をさせていただきますので、決定までの間お待ちいただきます。
(3) 決定後、請求者宛に開示の可否及び日時について診療記録開示回答書(様式4)にて連絡いたします。
(4) 開示を行う場合は請求をされた方本人に行うことになります。また当日は診療記録開示回答書(様式4)と請求者本人の証明書類を再度お持ちいただくことになります。

3.開示できない場合

次の場合は開示できないこと(一部開示できないこと)がありますので、あらかじめご了承ください

(1) 患者様の心身の状態や治療効果に悪影響があると予想されるとき
(2) 紹介状など第三者から得た記録が含まれており、該当第三者の了解を 得られないとき
(3) 開示することが患者様及び関係者の権利利益又は生命の安全を損なうおそれのあるとき

4.請求書の提出の際にお持ちいただく書類

請求をされる方の区分により必要な書類が異なります。詳しくは下記のとおりとなります。

(1) 満15歳以上の患者様本人(ただし成年被後見人等を除きます。)

書類A

(2) 患者様の法定代理人(親権者、後見人)

書類A 書類Bの両方
(ただし患者様が満15歳以上の未成年の場合は成年被後見人等である場合を除き請求者の該当欄に患者本人の署名、押印が必要です。)

(3) 実質的に患者様のお世話をしている親族又はこれに準ずる方

書類A 書類Cの両方
(この他に患者様との関係を証明するものの提出をお願いする場合があります。)

(4) 患者様遺族(法定相続人に限定)

書類A 書類Bの両方

書類A
請求する方が本人であることを証明できる顔写真・生年月日がある書類
(運転免許証、旅券、公共機関発行の証明書等)なければ健康保険証
書類B
戸籍謄本(抄本)、住民票、家庭裁判所の証明書等法定代理人であることを証明し得る書類
書類C
患者様本人の同意書、委任状
(1) 患者様が成人で合理的判断ができる方の場合
同意書(請求書の該当欄に患者様本人の署名、押印が必要です。)
(2) 患者様が満15歳以上の未成年で合理的判断ができる場合
上記(1)の同意書及び患者様の法定代理人の委任状が必要です。
(3) 患者様が15歳未満の場合又は判断能力に疑義のある方の場合
患者様の法定代理人の委任状が必要です。

5.診療情報に関わる料金について

診療録コピー
30円/枚(税抜)
画像データCD(X線、CT、MRI等)
1,500円/1枚(税抜)
2枚目以降、1枚追加毎に+500円(税抜)
医師による口頭説明
5,000円/30分(税抜)

6.診療記録開示に関するお問い合わせ

担当窓口:医事課

各書類ダウンロード(PDF)

このページのトップへ