大労研修の特徴

大労研修の特徴

「研修医のための研修期間」について

「研修医のための研修期間」について

当院のプログラムと称し、厚労省が認めている自由選択期間9ヶ月間を強制的に忙しい科をローテートさせる病院があるのをご存知でしょうか?例えば、各1ヵ月でよい「麻酔科「外科」を2〜3ヵ月ローテートさせているプログラムは、違法ではありませんが、研修医を安い労働力とみている証拠です。「病院のための研修期間」ではないのです。私たちは、研修医が自由にすべて選択できるものが最良プログラムと考えています。
一年目から専門医育成

1年目から専門医育成

大部分のエリート進学校は中高一貫教育です。貴方も中学生の頃、高校生のカリキュラム授業で受けましたよね。厚労省は専門医研修を3年目から規定としていますが、それでは遅いのです。研修医1年目から専門医研修を始めないと高度急性期病院への就職は常識では有り得ません。浪人はないのです。当院では、希望者は午後5時以降ローテート科を離れ、志望科医局のカンファレンスに出ています。
「研修医のための研修期間」について

自由で長い選択期間、自分で決めるキャリアデザイン

当院では、研修医自身が自由に選択できる期間を9ヵ月間(最大期間)としています。将来の専門医診療において予め専門関連領域を広げておくことが重要であり、とても大切な期間と考えています。また実際にローテートしてみて気持ち変わり志望科を変えたい場合もすぐに変更が可能です。1年目末に2年目選択科を決めますが、2年目中間にも一斉見直しを行い「研修医のための研修期間」ということを大切にしています。