独立行政法人労働者健康安全機構 大阪労災病院

文字サイズ変更ボタン
Google WEB全体 サイト内
大労で受診する 大労に入院する 大労を知る 求人情報

医学文化教室

トップページ >医学文化教室のご案内

医学文化教室のご案内

大阪労災病院では地域の皆様を対象に様々なテーマで講演を行っております。

場所
大阪労災病院 管理棟3階 大ホール
(※泌尿器科、産婦人科近くのエレベータで3階へお越しください。)
対象者
患者さま、患者さまのご家族様、地域住民の皆様どなたでもご参加いただけます。すべて、参加費無料、事前のご予約は必要ありません。
時間
午前11:00〜12:00

患者様、ご家族の方、地域住民の皆様向け
大阪労災病院市民公開講座 「医学文化教室」

平成28年10月〜平成29年3月の予定

開催日
時間
所属
講師
演題
平成28年10月31日(月)
午前
11:00

12:00
高血圧内科 川村 美貴 脳卒中について〜予防と治療〜
平成28年11月15日(火) 歯科口腔外科 増田 智丈 抜歯に注意を要する薬について
平成28年11月21日(月) 産婦人科 渡辺 正洋 当院産婦人科における手術治療
平成28年11月28日(月) リハビリ
テーション部
根来 政徳 心臓リハビリテーションってご存知ですか?
平成28年12月8日(木) 小児科 吉川 聡介 子どもの熱性けいれんについて
平成29年1月23日(月) 看護部 三宅 知里 認知症とは
平成29年2月14日(火) 耳鼻咽喉科 大島 一男 聴こえが悪いと感じたら 〜様々な難聴について〜
平成29年3月30日(木) 形成外科 中川 達裕 機能と外観の改善〜眼瞼下垂と下肢静脈瘤の治療〜

※都合により開催日が変更になる場合がございます。
※参加ご希望の方は念のため事前に総合案内もしくはお電話にてご確認ください。

「脳卒中について〜予防と治療〜」 …高血圧内科 川村 美貴

平成28年10月31日(月) 11:00〜12:00

脳卒中は、国内死因の第4位、寝たきりの原因第1位の病気です。後遺症が残ることも多く、起こさないように予防することが大切です。
今回は、脳卒中の予防法や治療についてお話しいたします。

「抜歯に注意を要する薬について」 …歯科口腔外科 増田 智丈

平成28年11月15日(火) 11:00〜12:00

超高齢化社会を迎えて、出血性素因を有する患者さん(血をサラサラにするお薬を飲まれている患者さん)の抜歯などの小手術を行う機会が増えています。最近のガイドラインでは、抜歯を受けるためにお薬を止めることによる血栓形成を防ぐために、お薬を飲んだまま処置をすることが推奨されています。しかしながら、抜歯当日に抜歯した部分から出血し、緊急来院することがあります。今回は出血性素因を有する患者さんの抜歯を、医師・患者さんともに安心して行えるように病院として取り組んでいることの紹介や、受けられる患者さんへの注意点などについてお話しいたします。また、抜歯などの処置を受ける際に問題(顎骨壊死など)となりうる薬剤についてもお話いたします。

「当院産婦人科における手術治療」 …産婦人科 渡辺 正洋

平成28年11月21日(月) 11:00〜12:00

当産婦人科での2015年の手術件数は婦人科698件、産科73件。産科では主に帝王切開術を、婦人科では子宮・卵巣の良性・悪性疾患に対して、子宮頸部円錐切除術、子宮鏡下手術、子宮全摘、卵巣腫瘍の部分切除や卵巣切除術、リンパ節切除術を施行しており、適応があれば可能な限り低侵襲な腹腔鏡下手術の施行を心がけています。図式を交えてこれら手術治療についてわかりやすく説明いたします。

「心臓リハビリテーションってご存知ですか?」
…リハビリテーション部 根来 政徳

平成28年11月28日(月) 11:00〜12:00

心筋梗塞や心不全は心臓の怖い病気ですが・・・自分の体力に合った運動を「知る」「やる」「続ける」ことで、発症リスクを減らし、健康維持向上・再発予防を目指しましょう!
心臓に不安がある方も、そうでない方も、ぜひご参加ください!

「子どもの熱性けいれんについて」 …小児科 吉川 聡介

平成28年12月8日(木) 11:00〜12:00

熱性けいれんは、本邦では非常に頻度が高い疾患です。主に6カ月〜6歳の小児に起こる可能性のある、発熱に伴う発作性疾患で、その年齢層の実に10人に1人が罹患する可能性があります。とても身近な疾患ですが、実際にけいれんを呈する子どもを目の前にすると、どうして良いかわからなくなることが多いと思います。そこで、熱性けいれんが起こった時の対処法、どういうことに注意すべきかを説明いたします。

「認知症とは」 …看護部 三宅 知里

平成29年1月23日(月) 11:00〜12:00

現在、認知症患者は約462万人(約7人に1人)ですが、2025年には約700万人(約4人に1人)に達すると言われています。認知症は、誰の身にも起こる身近な問題です。
今回の教室で、認知症を知って頂き予防法を実践しませんか?
また、ご家族で認知症や認知症の可能性のある方が、認知症以外の病気で入院する際の対策などをお話しいたします。興味のある方は是非ご参加ください。

「聴こえが悪いと感じたら 〜様々な難聴について〜」
…耳鼻咽喉科 大島 一男

平成29年2月14日(火) 11:00〜12:00

難聴と聞いて、誰を思い浮かべますか?最近補聴器を購入した方、長年の中耳炎でお悩みの方、あるいは、学校検診で要検査と言われたお子様。一言で難聴といっても様々な種類があります。今回は、難聴の種類と対処法についてお話しいたします。

「機能と外観の改善〜眼瞼下垂と下肢静脈瘤の治療〜」
…形成外科 中川 達裕

平成29年3月30日(木) 11:00〜12:00

まぶたが重くて上がりにくくなる眼瞼下垂。足がだるくて、むくんで、血管が浮き上がってくる下肢静脈瘤。どちらの疾患にも共通なのは
@加齢に伴い進行すること
A機能低下に伴う不快な症状があること
B「見た目の悪さ」という副産物がついてくること
です。しかしこれらは健康保険による手術加療で改善することが可能です。「老化」のせいとあきらめずに、医師と相談して適切な治療を受けて下さい。

<問い合わせ>

すべて、参加費無料、事前のご予約は必要ありません。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

お問い合わせ先
労働者健康安全機構 大阪労災病院
会計課 担当:西川
住所
〒591-8025 堺市北区長曽根町1179-3
TEL
072-252-3561

このページのトップへ

HOME
医学文化教室
大阪労災病院のチーム医療について
がんに関するご相談について
人間ドック・健診
海外勤務健康プラザ
大阪労災看護専門学校
治療就労両立支援センター
医療機能評価認定病院 認定第GB196号