独立行政法人労働者健康安全機構 大阪労災病院

文字サイズ変更ボタン
Google WEB全体 サイト内
大労で受診する 大労に入院する 大労を知る 求人情報

大阪労災病院市民公開講座

トップページ >大阪労災病院市民公開講座のご案内

大阪労災病院市民公開講座のご案内

大阪労災病院では地域の皆様を対象に様々なテーマで講演を行っております。
※「医学文化教室」は「大阪労災病院市民公開講座」へ名称変更いたしました。

場所
大阪労災病院 管理棟3階 大ホール
(※泌尿器科、産婦人科近くのエレベータで3階へお越しください。)
対象者
患者さま、患者さまのご家族様、地域住民の皆様どなたでもご参加いただけます。すべて、参加費無料、事前のご予約は必要ありません。
時間
午前11:00〜12:00

患者様、ご家族の方、地域住民の皆様向け
大阪労災病院市民公開講座

平成29年4月〜平成30年3月の予定

開催日
時間
所属
講師
演題
平成29年4月10日(月)
午前
11:00

12:00
看護部 奥田 ゆり子 希望を支える終活のすすめ
〜緩和ケアと療養場所のおはなし〜
平成29年5月11日(木)
午前
10:30

12:00
整形外科 塩見 俊行 ロコモティブシンドローム
〜寝たきりにならないために〜
中央
リハビリ
テーション部
佐藤 のぞみ ロコモティブシンドローム症状とリハビリテーション
平成29年6月6日(火)
午前
11:00

12:00
治療就労
両立支援
センター
久保田 昌詞 禁煙外来のすすめ
平成29年7月6日(木)
午前
11:00

12:00
麻酔科 旭爪 章統 帯状疱疹って、どんな病気?
〜帯状疱疹は初期が大切!〜
平成29年8月10日(木)
午前
11:00

12:00
脳神経外科 馬塲 庸平 頭痛のお話し
平成29年9月5日(火)
午前
11:00

12:00
循環器内科 矢野 正道 「心不全」とはどのような病気?
平成29年10月2日(月)
午前
11:00

12:00
腎臓内科 芳賀 亮太 CKD(慢性腎臓病)
〜知らないと恐い腎臓の病気〜
平成29年10月19日(木)
午前
11:00

12:00
眼科 北尾 匡弘 白内障ってどんな病気?
〜最近モノがぼやけて見えませんか?〜
平成29年11月21日(火)
11:00

12:00
薬剤部 稲村 勝志 知って得する!薬の正しい使い方
〜クイズで学ぼう!くすりとサプリ〜
平成29年12月6日(水)
午前
11:00

12:00
乳腺外科 小田 直文 早期乳がんの遺伝子診断
〜適切な術後治療の選択〜
平成30年1月30日(火)
午前
10:30

12:00
糖尿病内科 若林 侑香 糖尿病治療の3本柱
〜食事・運動療法を中心に〜
栄養管理室 森井 理紗子 知識を深めて食事を楽しむ!
平成30年2月14日(水)
午前
11:00

12:00
心臓血管外科 近藤 晴彦 心臓・大血管の手術のおはなし
平成30年3月8日(木)
午前
11:00

12:00
消化器内科 松本 健吾 膵臓がんのおはなし

※都合により開催日が変更になる場合がございます。
※参加ご希望の方は念のため事前に総合案内もしくはお電話にてご確認ください。

「希望を支える終活のすすめ〜緩和ケアと療養場所のおはなし〜」
…看護部 奥田 ゆり子

平成29年4月10日(月) 11:00〜12:00

 二人に一人が、がんになると言われている現在、みんなが病院で最後を迎えることが当たり前ではなく、自宅で、地域で、施設でと看取りの場所は増えています。がんとお付き合いしながらも「最後まで自分の趣味を全うしたい」「大切な人とつながっていたい」と私たちの希望は人それぞれです。ご自分の希望をかなえられるように元気なうちから終活はじめてみませんか?

「ロコモティブシンドローム〜寝たきりにならないために〜」
…整形外科 塩見 俊行

平成29年5月11日(木) 10:30〜12:00

 ロコモティブシンドロームは、「ねたきり」や「要介護」の主要な原因です。
 「メタボ」や「認知症」と並び、「健康寿命の短縮」、「ねたきりや要介護状態」の3大要因のひとつになっています。
 ご高齢の方は、バランス能力、体力、移動能力の低下をきたし、ついには、立って歩く、衣服の着脱や、トイレなど、最低限の日常生活動作(ADL)さえも、自立して行えなくなり、「健康寿命の短縮」、閉じこもり、廃用症候群や、寝たきりなどの「要介護状態」になっていきます。
 本講演ではこのロコモティブシンドロームをわかりやすく解説し、自己でできる簡単な予防法、当院での治療法についてお話します。

「ロコモティブシンドローム症状とリハビリテーション」
…中央リハビリテーション部 佐藤 のぞみ

平成29年5月11日(木) 10:30〜12:00

 ロコモティブシンドロームについて、原因、症状の説明をさせていただきます。治療とリハビリについて医師とリハビリ両面からお話しします。

「禁煙外来のすすめ」
…治療就労両立支援センター 久保田 昌詞

平成29年6月6日(火) 11:00〜12:00

 タバコの煙には400種類もの発がん物質が含まれ、がんのリスクを高めるほか、心臓病や慢性の肺の病気も引き起こします。禁煙外来では貼り薬や飲み薬で禁煙をサポートします。さあ、あなたもタバコを卒業しませんか?

「帯状疱疹って、どんな病気? 〜帯状疱疹は初期が大切!〜」
…麻酔科 旭爪 章統

平成29年7月6日(木) 11:00〜12:00

 『突然痛くなって、ブツブツができて・・・』
 『治っても痛みが残ることがあるんでしょ・・・?』
 帯状疱疹をご存知の方も、聞いたことがない方も、その原因と帯状疱疹後神経痛へ至る経過、そして治療について整理してみましょう!

「頭痛のお話し」 …脳神経外科 馬塲 庸平

平成29年8月10日(木) 11:00〜12:00

 一言で頭痛といっても、頭痛をひきおこす病気は数多くあります。様子を見ていい頭痛もあれば、内服で治していく頭痛、救急車を呼んで急いで治療するべき頭痛もあります。
 今回は、脳神経外科に関連した緊急性を有する頭痛の見分け方とその病気の概略についてお話したいと思います。

「「心不全」とはどのような病気?」
…循環器内科 矢野 正道

平成29年9月5日(火) 11:00〜12:00

 心疾患は全死亡数の15%ほどを占めています。中でも心不全は心疾患の終末像であり、早期発見、原因検索、病態に応じた適切な治療はもちろんのこと、日常生活での様々な管理によってうまく付き合っていくことができます。今回、心不全では体の中で何が起こっているか、それに対してどのような管理が適切か、などわかりやすくお話しいたします。

「CKD(慢性腎臓病) 〜知らないと恐い腎臓の病気〜」
…腎臓内科 芳賀 亮太

平成29年10月2日(月) 11:00〜12:00

 CKD(慢性腎臓病)は成人の8人に1人程度と非常に頻度の高い疾患ですが、初期にはほとんど自覚症状がなく、逆に症状が出た時にはすでに末期の状態で血液透析が必要となることもあります。生活習慣改善による予防と、定期的な健康診断による早期発見が重要であり、そのポイントを解説させて頂きます。

「白内障ってどんな病気? 〜最近モノがぼやけて見えませんか?〜」
…眼科 北尾 匡弘

平成29年10月19日(木) 11:00〜12:00

 白内障は初期では自覚症状がない場合が多く、気が付きにくい病気です。進行すると、ぼやけて見えにくい、物が二重に見える、光が、まぶしく感じるなどの症状が現れます。
 気になる症状はありませんか?白内障の正しい知識を手に入れましょう!

「知って得する!薬の正しい使い方
〜クイズで学ぼう!くすりとサプリ〜」

…薬剤部 稲村 勝志

平成29年11月21日(火) 11:00〜12:00

 安全に薬を使用して、健やかな毎日を送っていただくために、「薬の正しい使い方5カ条」について、クイズ形式でお話ししたいと思います。
 また、サプリメント(健康食品)についても、みなさんの疑問などをクイズで考えてみましょう。

早期乳がんの遺伝子診断
〜適切な術後治療の選択〜

…乳腺外科 小田 直文

平成29年12月6日(水) 11:00〜12:00

乳癌の生存率向上には、診断・治療の発展が大きく寄与してきました。今後更なる生存率向上には、正確な診断に基づく適切な治療の重要性は増す一方です。正確な診断法のひとつと考えられている早期乳癌の遺伝子診断についてお話しします。

糖尿病治療の3本柱
〜食事・運動療法を中心に〜

…糖尿病内科 若林 侑香

平成30年1月30日(火) 10:30〜12:00

糖尿病患者数は年々増加し、糖尿病の新薬も数多く登場しています。しかし、どんなに良くできた薬を使っても、基本となる食事・運動療法をおろそかにしては、糖尿病とうまく付き合うことができません。逆に、食事や運動療法を見直してみると、それだけでぐっと糖尿病が良くなり生活にも張り合いが出てくることがあります。効果的かつ実践しやすい食事・運動療法のコツについてお話しさせていただきます。

知識を深めて食事を楽しむ!
…栄養管理室 森井 理紗子

平成30年1月30日(火) 10:30〜12:00

食事療法と聞くと「制限」「禁止」といったイメージが強いかもしれませんが、そればかりではありません。基本的な部分を押さえれば大丈夫!食事療法の基本と外食、間食のポイントについてお話します。

心臓・大血管の手術のおはなし
…心臓血管外科 近藤 晴彦

平成30年2月14日(水) 11:00〜12:00

心臓の手術、大動脈の手術は、大変危険な手術であるとか、特に高齢者にとっては、「自分にとっては体力的にも無理だろう」と思われがちですが、最近の、医療の進歩に従い、高齢者に対しても安全に手術・治療が行われるようになってきました。
 今回は、現在行われている心臓や大動脈の手術について、その対象となる病気、手術方法、手術後の経過を中心にわかりやすく解説させていただきます。

膵臓がんのおはなし
…消化器内科 松本 健吾

平成30年3月8日(木) 11:00〜12:00

膵臓がんが恐ろしいのは、がんを発見した時にはかなり進行している場合が多いことであり、死亡率の高い癌として知られています。膵臓がんをできるだけ早く発見するために、どのような症状が現れるのかを知っておくことは大切です。  今回膵臓がんの症状や早期発見のための検査について御説明します。

<問い合わせ>

すべて、参加費無料、事前のご予約は必要ありません。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

お問い合わせ先
労働者健康安全機構 大阪労災病院
メディカルサポートセンター 担当:東
住所
〒591-8025 堺市北区長曽根町1179-3
TEL
072-252-3561

このページのトップへ

HOME
医学文化教室
大阪労災病院のチーム医療について
がんに関するご相談について
人間ドック・健診
海外勤務健康プラザ
大阪労災看護専門学校
治療就労両立支援センター
医療機能評価認定病院 認定第GB196号