独立行政法人労働者健康安全機構 大阪労災病院

文字サイズ変更ボタン
Google WEB全体 サイト内
大労で受診する 大労に入院する 大労を知る 求人情報

診療科・各部のご紹介

トップページ >各診療科・各部一覧 > 麻酔科 : 特色・説明

麻酔科

手術によるさまざまなストレスからあなたの命を守っています。

麻酔科の特色

当院では、さまざまな専門科の最先端の手術を、毎日数多く行っています。手術の際には、痛みを除く麻酔が欠かせません。この麻酔を担当するのが麻酔科医です。しかも、痛みを除くだけではなく、手術の進行に合わせて全身の状態を適切に保っています。つまり麻酔科医は、手術中は患者さまのそばを離れずに命を守っているのです。もちろん、手術後の痛みにも配慮しています。安全第一で、快適な手術を安心して受けて頂けるよう、麻酔科医は活躍しています。

麻酔科医は、手術室だけではなく、他にも多くの活躍の場があります。大阪労災病院で行う急性期医療においては麻酔科医は重要な役割を担っており、私たちスタッフも常に努力を重ねています。

当院は、公益社団法人日本麻酔科学会が認定する麻酔科認定病院で、同学会の認定する麻酔科専門医・指導医が常勤しています。また、幅広い知識と技術を最先端に保つための学術的活動や、臨床研修医の指導も行っています。

このページのトップへ

疾患の説明

術前診察

手術の前日までに、麻酔科外来で麻酔科医が診察いたします。患者さまひとりひとりの手術や状態に合わせた麻酔を計画します。そして麻酔について詳しく説明いたします。麻酔について気になることがありましたら、どのようなことでも遠慮なくお尋ねください。

全身麻酔

点滴から、またはマスクから吸入で、麻酔薬の投与を開始します。するとすぐに眠ってしまいます。手術中に意識はなく、痛みも感じません。手術中は麻酔薬を点滴または吸入で継続して投与していますので、手術の途中で覚めてしまう心配はありません。麻酔薬の種類や量は、麻酔科医が調節しています。手術が終わると麻酔薬を止めますので、徐々に目が覚めてきます。

脊髄くも膜下麻酔

へそから下の手術に使います。腰椎麻酔や脊椎麻酔とも呼ばれていた方法です。背中の腰のあたりから細い針を使ってくも膜下腔という所に麻酔薬を入れます。局所麻酔をしますので針をさす時はあまり痛くありません。胸やおなかあたりから足先までがしびれて感覚がなくなり足が動かなくなります。意識はあります。数時間効いています。その後は徐々に感覚が戻ってきます。

硬膜外麻酔

背中から硬膜外腔という所に細い管(カテーテル)を入れて鎮痛薬を入れます。全身麻酔や脊髄くも膜下麻酔の補助として、この硬膜外麻酔を使うこともよくあります。手術の間だけではなく、手術の後も鎮痛薬を入れ続けることができますので、手術後の痛みが軽減します。

伝達麻酔(神経ブロック)

手術をする場所に関係する神経の近くに注射する方法です。身体の一部分だけが痛くなくなります。これだけで手足などの手術をすることもありますし、全身麻酔や脊髄くも膜下麻酔と組み合わせることもあります。

術後鎮痛

手術の後の痛みを抑えるために、手術中から十分に痛み止めを使いますので、手術が終了して麻酔から覚めた時には強い痛みはありません。術後継続して痛みを抑える方法としては、自己調節鎮痛(PCA)や硬膜外麻酔や伝達麻酔などを組み合わせています。手術の後もできるだけ痛くないような工夫をしています。

術後診察

手術の後、麻酔科医は病室を訪問し、その後の様子をおうかがいいたします。麻酔について、気になることがあれば、遠慮なくお尋ねください。

ペインクリニックでの治療法

ペインクリニックでは、種々の痛みに悩まされている方を対象に、痛み(ペイン)を総合的に診断し治療しています。

ペインクリニックの診察日は毎週月曜日、水曜日、金曜日(完全予約制、金曜は院内のみ)です。院内・院外とも紹介患者さまのみの診察・治療を行っています。事前にメディカルサポートセンターで診察予約をお取りください。

主に神経ブロック療法を行います。神経ブロック療法とは局所麻酔薬を神経またはその周りに注射し、神経の働きを一時的に遮断(ブロック)させて痛みを和らげたり、血のめぐりを良くしたりする治療法です。神経ブロック法が有効と考えられれば痛みとは関係のない疾患でも治療対象となります。

神経ブロック療法以外に、イオントフォレーシス、理学療法、薬物療法、東洋医学的療法なども行い、個人に合った治療法を選んでいます。

  インデックスページへ このページのトップへ