独立行政法人労働者健康安全機構 大阪労災病院

文字サイズ変更ボタン
Google WEB全体 サイト内
大労で受診する 大労に入院する 大労を知る 求人情報

診療科・各部のご紹介

トップページ >各診療科・各部一覧 > 脳神経外科:特色・説明

脳神経外科

脳・脊髄疾患全般を広く診療しています。

診療科の特色

脳腫瘍、脊髄腫瘍、脳血管障害、頭部外傷、顔面痙攣、三叉神経痛といった脳・脊髄疾患全般を広く診療しています。 脳血管障害は脳卒中内科と連携し治療をおこなっています。脳梗塞・一過性脳虚血発作・一過性黒内障などの虚血性脳血管障害は脳卒中内科が診療していますが、頚動脈内膜剥離術や浅側頭動脈−中大脳動脈吻合術などの外科手術の適応がある場合には脳卒中内科から脳神経外科に紹介されます。脳動脈瘤や頚動脈狭窄症などで血管内治療を行う場合当院の血管内手術専門医と大阪大学脳神経外科血管内治療グループの指導医と協力して治療を行なっています。急性期脳梗塞の経皮的脳血栓回収術も24時間対応しています。日本脳神経外科学会専門医研修施設です。

疾患の説明

動脈瘤

動脈瘤とは、血管に出来るこぶで、これが破れるとくも膜下出血になります。動脈瘤の出来る場所や大きさによっては、まぶたが閉まりにくい等の神経症状が出ることもありますがほとんどは無症状で、検査で偶然見つかることもあります。 動脈瘤の位置・形・大きさを詳しく調べるために CTAや脳血管造影をし、破裂の危険性があり手術が行えそうなものに関しては、症状がなくても出血を予防するために、 動脈瘤クリッピング術という手術を行います。

くも膜下出血

脳は3層の膜に包まれていて、外側から硬膜・くも膜・軟膜と呼ばれます。くも膜と軟膜との間にはくも膜下腔と呼ばれる隙間があり、脳の血管から出血してこの隙間に血液が流れ込んだものがくも膜下出血です。原因の多くは、動脈瘤破裂ですので、脳血管造影を行い動脈瘤があるかどうかの検査を行い、動脈瘤があれば再出血を予防するために、 動脈瘤クリッピング術という手術を行います。

脳出血

脳出血は脳の中の血管から出血が起きるもので、血圧の高い人や、血が固まりにくくする薬を飲んでいる方に起こりやすいです。脳出血が起こると、意識状態が悪くなりボーっとした状態になったり、言動や行動がいつもと違う感じになったり、もしくは、力が入りにくくなり普段出来ていたことが出来なくなったりします。 脳出血は出血の部位により、大きく被殼出血、視床出血、橋出血、小脳出血、皮質下出血に分けることが出来ます。血腫が大きい場合は、まずは手術をせずに薬で治療を行うことになります。血を止める薬と血圧を下げる薬がよく使われます。状態が悪くなってきた場合や、小脳出血の場合は手術を行い血腫を取ることになります。 発症後は、出血部位にもよりますが意識障害や麻痺が残ることが多くリハビリが必要となりますが、 1ヶ月程度を目安にリハビリを専門に行えるところを紹介させていただいています。

慢性硬膜下血腫

一般的には、お年の方がなりやすく強く頭部を打ってから、数ヶ月してから徐々に手や足の力が入らなくなってきて、歩きにくくなったり文字が書きにくくなったりという症状が出て気付かれることが多いです。 これは硬膜とくも膜との間を走っている静脈が傷つくことでじわじわ出血し、それが脳を圧迫することで症状を来すものです。  症状が落ち着いていて、出血もひどくならないようであれば経過観察をすることもありますが、一般的には、頭に100円玉ほどの穴を開けて、たまっている血を吸い出し洗浄する穿頭血腫除去術という手術を行います。

このページのトップへ

頸動脈狭窄症

首を通って脳に行く動脈である頚動脈が動脈硬化を起こし高度に狭窄することで、首を横に向けた時に一時的に意識を失うなどの症状を来します。首のエコー検査を行い強度の狭窄がある場合は、 血管造影やSPECTを行いさらに詳しく調べます。  高度の狭窄があり、脳への血流が不足している場合には動脈硬化を起こしている血管の内膜を取る頸動脈内膜剥離術という手術やステント留置という血管内手術を行います。また、完全に内頚動脈が閉塞している場合には、 浅側頭動脈-中大脳動脈吻合術を行うこともあります。

正常圧水頭症

脳の中には脳室と呼ばれる部屋があり、この部分は髄液と呼ばれる液体で満たされています。髄液は産生と吸収が行われ1日3〜4回入れ替わっています。ところが、産生量が多くなったり吸収がうまくいかなくなったりすると脳の中の髄液が多くなり脳室が大きくなってしまいます。本来であれば圧は高くなるはずですが、そうならないものを正常圧水頭症と呼んでいます。主な症状は、歩行障害・尿失禁・認知障害の3症状です。歩行障害は足が前に出にくくなり、ふらつくような感じになるのが特徴です。症状やMRI等の画像診断を総合的に判断し、正常圧水頭症が疑わしい場合は、当科では診断のためCSFタップテスト(髄液排除試験)を行っています。

治療は、脳室とお腹の中をシャントチューブと呼ばれる細い管でつなぐV-Pシャント術を主に行っています。このシャントチューブはみぞおちから胸そして耳の後を通り、頭のてっぺんまで皮下を通ることになりますが、外見上は気になりません。実際の手術時間は1時間ちょっとで、麻酔などの準備する時間を入れても 2, 3時間で終わります。難病情報センター特発性正常圧水頭症 INPH websiteに詳しい解説がありますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

聴神経鞘腫

聴神経鞘腫とは聴神経を包む鞘の細胞が増殖したもので、ほとんどすべて良性腫瘍で他の臓器に転移することはまずありません。 症状は、聴神経の障害により小さな音が聞き取りにくかったり、会話で言葉が聞き取りにくかったりします。また、聴神経の近くには顔面神経や舌咽神経などの脳神経が通っており、顔面神経が圧迫されて障害された場合には、目が閉じにくいとか口が閉じにくいといった症状が出てきます。

治療は、一般的に外科的に摘出することが行われており、全摘できることもありますが、全摘することが出来なかった場合は、経過を見ながら必要に応じて、ガンマナイフなどの放射線治療を行うことになります。 国立がんセンター「聴神経鞘腫」 に詳しい説明がありますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

転移性脳腫瘍

転移性脳腫瘍は、脳以外の臓器で発生した癌が主に血流によって癌細胞が流され、脳で増殖したものです。 肺からの転移がもっともよく見られ、他の臓器でも肺を経由してくることが多いです。小さいものであれば、ラジオサージャリー を行うこともありますが、ある程度の大きさになると 開頭摘出術を行うことになります。

  インデックスページへ このページのトップへ