地域医療支援病院

地域医療支援病院について

Community medical support

地域医療支援病院の承認を受ける

この度、大阪労災病院は平成23年11月25日付けで大阪府知事より地域医療支援病院の承認を受けました。

地域医療支援病院とは

患者さまは身近な地域の「かかりつけ医」から医療を提供されることが望ましいという観点から、地域における第一線の 医療を担う「かかりつけ医」に対して、紹介患者さまへの医療の提供や施設の共同利用などの支援を行い、地域医療の 充実を図る病院として、大阪府知事から承認された病院です。

地域医療支援病院の役割
地域の医療機関との連携の推進

かかりつけ医などからの紹介患者さまを積極的に受け入れています。また、病状が安定した後は、かかりつけ医のもとでその後の経過を診ていただきます。

病床及び医療機器等の共同利用(詳細は、ここをクリック)

かかりつけ医と当院の医師が共同して入院診療を行う「開放型病床」や当院の医療機器(CT、MRIなど)や施設(図書室会議室など)の共同利用を推進しています。

救急医療体制の充実

2次救急医療機関として、入院や手術の必要な救急患者さんを積極的に受けています。

地域医療従事者に対する研修の実施

地域の医療従事者のスキルアップを目指して、講演会、研修会及び症例検討会を開催しています。