当院について

沿革

History

沿革
年号 事項
昭和37年 労働福祉事業団 大阪労災病院 開院(10診療科、512床)
標榜診療科(内科・神経科・外科・整形外科・皮膚科・泌尿器科・眼科・耳鼻咽喉科・放射線科・歯科)
本館(現在の中館)・外来診療棟・附帯施設竣工
建設省営繕工事設計コンクール建設大臣賞受賞
昭和41年 理学療法科(現在のリハビリテーション科)標榜
昭和43年 大阪労災高等看護学院(現在の大阪労災看護専門学校)竣工
昭和44年 産婦人科標榜
昭和45年 西館竣工(13診療科、762床)、小児科標榜
手術棟・物療棟・中央検査科増築竣工
昭和50年 健康診断センター棟・作業療法棟・管理棟竣工
昭和52年 脳神経外科標榜
昭和53年 麻酔科標榜
昭和60年 精神科標榜
昭和63年 東館・高気圧酸素治療棟竣工
平成元年 MRI棟竣工、ICU設置、心臓血管外科標榜
平成2年 大労クラブ発足
CCU・人工透析室設置
平成8年 歯科口腔外科標榜
平成12年 リハビリ棟・外来棟・病棟改修工事竣工、病院機能評価認定
大阪勤労者総合医療センター設置
(働く女性メディカルセンター、産業保健・医療センター、海外勤務健康プラザ大阪、勤労者・こどものメンタルヘルスセンター)
平成13年 勤労者予防医療センター開設
第49回日本職業・災害医学会学術大会開催
平成14年 地域がん診療連携拠点病院に指定
循環器科(現在の循環器内科)標榜
平成15年 「勤労者心の電話相談」を開設
平成16年 独立行政法人労働者健康福祉機構へ法人名変更
勤労者総合医療センター設置
平成19年 消化器科(現在の消化器内科)標榜
平成20年 地域がん診療連携拠点病院に指定
平成21年 年間手術件数1万件達成
形成外科標榜
平成22年 病棟再編(22診療科、678床)
放射線診断科・放射線治療科・病理診断科標榜
平成23年 地域医療支援病院承認、眼科専用手術室設置
東日本大震災への医療チーム派遣
平成24年 第60回日本職業・災害医学会学術大会開催
開院50周年記念式典
消化器外科標榜
平成26年 勤労者予防医療センターを治療就労両立支援センターに改称
平成27年 病院機能評価3rdG:Ver.1.1の更新
平成28年 独立行政法人労働者健康安全機構へ法人名変更
内視鏡手術支援ロボット「ダヴィンチ」導入
新看護専門学校竣工
平成29年 ハイブリッド手術室設置
平成30年 腫瘍内科標榜
令和2年 高度型地域がん診療連携拠点病院の承認取得