診療科・部門

糖尿病内科

Diabetic tract medicine

診療科について
医師紹介
外来担当医表
実績
医学的研究

診療科について

患者さんへ

糖尿病内科は、主に糖尿病、高脂血症、高尿酸血症等の代謝疾患および、甲状腺疾患、副腎疾患、下垂体疾患等の内分泌疾患を対象に診療しています。代謝疾患および内分泌疾患は、複数の疾患が関連し、互いに原因・結果の関係や、増悪因子になることがあります。また、悪性腫瘍のような代謝・内分泌疾患以外の疾患が増悪原因となっていることもあります。さらに、合併症としての動脈硬化疾患や眼科疾患・腎疾患・骨粗しょう症・認知症などを引き起こすこともあり、他科とも連携が重要です。治療は薬物療法のみならず、栄養士による栄養指導や、介護における運動療法、かかりつけ医や訪問看護など、多職種・地域医療との連携しながら治療を行います。

お知らせNEWS
主な対象疾患
下垂体
下垂体機能低下症、尿崩症、末端肥大症、クッシング病、バゾプレシン不適合分泌症候群
副腎
アジソン病、アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫
甲状腺
バセドウ病、橋本病、亜急性甲状腺炎
その他ホルモン
インスリノーマ
糖尿病
Ⅰ型糖尿病、Ⅱ型糖尿病、妊娠糖尿病
脂質異常症
痛風
主な検査・設備
糖負荷検査
グルカゴン負荷検査
リブレPro検査
頸動脈超音波検査
PWV・ABI(脈波伝播速度・足関節上腕血圧比)
神経伝導速度検査
ホルモン負荷検査
認定施設
日本糖尿病学会認定教育施設
日本内分泌学会認定教育施設