診療科・部門

薬剤部

Pharmacy

部門について
業務内容
医療関係者の方へ

業務内容

業務内容

薬剤師の業務は大きく分けて中央業務、臨床業務、教育・研究になります。
中央業務は薬に対する取り組みで、調剤などこれまでの薬剤師像を示す業務内容となっています。臨床業務は患者さんに対する取り組みであり、お薬の使い方を患者さんに説明するほか、安全で有効な薬物治療を目指した取り組みを他の医療従事者と共に行っています。そして教育・研究では、自己研鑽や後進の育成を通してさらなる薬物治療発展を目指す取り組みをしています。
これらの業務は区別しているようで歯車のように密接に関わっており、どれかが欠落してもうまく機能しないものです。薬剤師はこれからどこの医療現場にも関わってくる業務といえます。

臨床業務
病棟薬剤業務

ICUを含む全病棟に専任薬剤師を配置し、患者さんの治療方針や問題点などを把握した上で、安全で効果的な薬物療法が行われるように、また患者さまが安心してお薬を使用出来るように、次のことを行っています。

  • 入院時には、持参薬・市販薬・健康食品等の内容、服薬の状況、アレルギー歴・副作用歴の確認を行います。
  • 薬剤使用前には、①疾患や症状、年齢、体格を確認したうえで、投与量および投与速度に問題にないか、②臨床検査値なども確認して腎臓や肝臓の機能などに問題ないか、③薬剤同士の組み合わせが問題ないかを確認しています。
  • 薬剤使用時には、効果、使用方法、副作用およびその対処法などの説明を行っています。
  • 薬剤使用後には、ちゃんと効果が出ているか、副作用が出ていないかなどを確認し、その上で医師に内容を伝え、お薬の処方設計や提案をしています。
  • 退院時には、退院後も適切な薬物療法が継続できるように、退院後の生活に合わせたお薬の説明を行ったり、患者さんの相談に応じたりしています。
薬剤師外来

薬剤師外来を設け、下記の服薬指導も行っています。免疫チェックポイント阻害薬、経口抗がん剤、医療用麻薬などを使用している患者を対象に副作用の早期発見と服薬指導を行い、内容について医師にフィードバックしています。

手術室業務

手術室では、手術で使用する薬剤の管理と患者さんの手術後の痛みを抑えるために使用される薬剤の調製業務を行っています。手術室では、医療用麻薬、向精神薬、筋弛緩薬など、医薬品管理が必要な薬剤がたくさんあります。薬剤師が手術室で医薬品の管理を行うことによって薬剤の適正使用のチェックができ、それが手術の円滑な進行にも繋がっています。

化学療法業務

治療内容についてレジメン検討ワーキンググループで医師、看護師とともにイビデンス、支持療法などの審議を行い、承認されたレジメンの管理を行っています。
外来化学療法を受けられる患者さんには専任の薬剤師のがん専門薬剤師、外来がん治療認定薬剤師のいずれかの資格を持つ薬剤師が担当しています。
専任の薬剤師は、看護師と当日施行患者の情報を共有し、安全な化学療法を実施しています。外来化学療法室で初めて治療を受けられる患者さんや抗がん剤変更となった患者さんには、治療内容、副作用とその対策等について薬剤指導を行っています。また治療継続中の患者さんについては副作用モニタリング、服薬コンプライアンスの確認、必要に応じて抗がん剤の減量・休薬や支持療法の提案を行っています。

チーム医療への参画

医療の質の向上とともに、患者さん一人ひとりに対するきめ細かい治療と支援が必要です。そこで専門的な知識や技術を持った医師、看護師、検査技師、管理栄養士、薬剤師などの多職種が「チーム」を結集し、患者さんにとって最も効果的な治療法や方針が検討されています。薬剤師が参加しているチームとして、感染対策チーム(ICT)、栄養サポートチーム(NST)、緩和ケアチーム、がん化学療法チーム、褥瘡対策チーム、認知症ケアチームなどがあります。

糖尿病教室・透析教室・腎臓病教室

患者さんの病気に対する自己管理を助け、健康な人と変わらない充実した日々を過ごしてもらえるように、薬と上手に付き合うコツを中心にお話しています。薬について分かりやすく説明することに心掛け、ご質問にもお答えします。

中央業務
調剤業務

オーダリングシステムにより医師が処方をコンピュータで入力すると処方せんと薬袋が調剤室で発行されます。薬剤師は、処方せんの記載事項に不備ないことを確認した後,処方内容が適切かどうかを確認します(用法・用量、相互作用、禁忌、複数受診科における重複などをチェック)。必要に応じて医師に問い合わせをすることもあります。そして錠剤、散剤、水剤、外用剤など、処方せんに基づき、それぞれ調剤します。最終的に、調剤者とは別の薬剤師が,調剤された薬を再び確認して、お薬を患者さんにお渡ししています。

お薬相談コーナー

薬に関するあらゆる質問・相談に応じています。また入退院支援として手術前に中止する薬品がないかの確認も実施しています。

注射薬調剤業務

アンプルピッカー(注射ロボット)を使って、入院患者さん一人ひとりが使用する注射薬を1回分ずつトレイにセットして病棟に供給しています。薬剤師は、注射薬処方せんをもとに患者さんの検査値や、年齢、体重、処方されたお薬についての配合禁忌(混ぜてはいけない薬)、投与量、投与速度、投与ルートなどを確認します。必要に応じて医師にも確認し、より適切な注射薬が安全に使用されるように努めています。

注射薬無菌調製業務

患者さんに安全な治療を提供するため、高カロリー輸液や抗がん剤などの混合調製を行っています。
高カロリー輸液とは、糖・アミノ酸・ビタミン・ミネラルなどで構成される高濃度の栄養輸液です。栄養が豊富なため細菌汚染されやすいという欠点があることから、クリーンベンチという専用の設備を用いて調製を行っています。
抗がん剤の調製には、調製者は防護衣を着用し、安全キャビネットという専用の設備を用いて調製を行っています。これらによって調製者を抗がん剤から守っています。また身長・体重・臨床検査値など患者さん個々の情報から投与量、投与スケジュールの確認を行い、調製支援システムも用いています。

製剤業務

個々の患者に最適な薬剤で市販の医薬品では対応できない内服薬・外用薬・注射薬の調製を行っています。特に注射薬と点眼薬については、無菌的に調製する必要があり、クリーンベンチの中で無菌調製を行っています。

医薬品情報業務

DI室(Drug Information)とも呼ばれ、医薬品に関する情報を取り扱い、医薬品情報管理の中心的役割を担っています。医薬品を適正に、そして安全に使用するために、各々の医薬品情報を収集・評価し、医師・看護師・その他医療従事者および患者さんへ提供することが、主な業務です。それと共に病棟担当薬剤師への支援も行っています。

教育・研究
学習実習

地域の中学生の職業体験から、薬学生の実務実習など後世の発展に努めています。

研修

がん、栄養などの資格取得に向けて他病院からの薬剤師研修を行っています。

治験業務

「治験」とは、国より製造販売承認を得るために行われる新薬の臨床試験です。薬剤師は、治験コーディネーター(CRC)として専門的な立場から医師の業務を支援することや、院内すべての治験薬を適正に保管管理するとともに、治験を実施するための計画書に従って治験薬が適正に投与されているかどうかの確認、そして患者さんへのサポートなど幅広く治験に係わる業務に対応しています。

治療薬物モニタリング(TDM)

薬には、体内で効果を発揮するための有効治療濃度範囲があります。医薬品の治療効果を高め、副作用発現を防止して患者さんの薬物治療を最適化するために、薬物血中濃度を解析しています。特に治療有効域の狭い薬剤や中毒域と有効域が接近していて管理の難しい薬剤を使用している患者さんの薬物血中濃度を解析し、投与方法・投与量を適切に調整することで、個々の患者様に応じた治療に貢献できます。