独立行政法人労働者健康安全機構 大阪労災病院

文字サイズ変更ボタン
Google WEB全体 サイト内
大労で受診する 大労に入院する 大労を知る 求人情報

診療科・各部のご紹介

トップページ >各診療科・各部一覧 > 歯科口腔外科:特色・説明

歯科口腔外科

口腔疾患に対して最新の治療を行っています。

診療科の特色

口腔は歯牙や骨などの硬組織と歯肉・口腔底粘膜・頬粘膜・舌・唾液腺などの軟組織とが混在しながら構成されているため、歯科口腔外科が取り扱う疾患も複雑・多様化しています。具体的には埋伏智歯、顎骨嚢胞、顎骨腫瘍、顎骨骨折、顔面外傷、骨髄炎などの疾患に対し、治療を行っております。一方、軟組織に発生する疾患として良性・悪性腫瘍や舌下腺・顎下腺に発生する唾液腺疾患などへの加療も行っています。

また当科では白板症・扁平苔癬などの口腔粘膜疾患に対する診断・治療にも力を入れています。 最近、歯から由来する細菌性感染の重症化が目立っています。このような病態を蜂窩織炎(ほうかしきえん)と呼び、即入院加療が必要なケースも珍しくありません。このように当科では入院菅理や手術加療が必要な症例の加療を行っており、歯周病、歯牙齲蝕、欠損補綴などの一般歯科治療は一切行っておりません。ご了承ください。

このページのトップへ

疾患の説明

親知らず(智歯)抜歯

親知らず(智歯、第三大臼歯とも呼ばれます)の抜歯は、口腔外科の診療で最も多く行われている手術です。そのほとんどは、完全に萌出していないあるいは萌出できない状態のいわゆる埋伏状態(あるいは半埋伏状態)の歯で、他の歯の抜歯とは異なり、歯肉を切ったり、骨を削ったりあるいは歯や根を割って抜歯を行います。

親知らずは最も遅く形成される永久歯で、ほとんどは10歳代後半から作られはじめ、だいたいは20代前半には歯根まで完成しています。しかし、退化傾向にある歯なので、人によっては親知らずがはじめからない場合もあり、またその本数も上下左右の4本がそろっているとはかぎりません。また、親知らずは奥歯の一番奥で形成されますので、萌出するスペースが狭く、また、萌える方向が悪いことが多いため、しっかりと骨の中で静かに埋まっていたり、途中で萌出が止まってしまうことが多い歯です。そのため、たとえ歯がはえてきても十分な歯磨きができないため虫歯になりやすく、また、親知らずの前の歯(第二大臼歯)に虫歯をつくる原因にもなっています。

親知らずの最も怖いところは、食べかすが歯の周りの歯肉に溜まって起こる炎症(歯冠周囲炎)がひどくなり、顎骨の炎症に移行していくことです。このような場合、原因である親知らずはすぐに抜くことができず、点滴や内服で抗生物質の投与で消炎を行ってからでないと歯は抜けません。したがって、親知らずの抜歯を希望される場合は、痛みがない時に来院することをおすすめします。

下顎埋伏智歯(親知らず)の抜歯

(1) 歯ぐきの中に埋まっている親知らずは、左図のように歯ぐきに切開を行います。歯ぐきを骨よりはがし、埋まっている歯をむき出しにします。

(2) 歯の一番膨らんでいるところ〔最大膨隆部)が骨の中に埋まっている場合、最大膨隆部が見える部分まで骨を削ります。

(3) 埋まっている歯の頭の部分(歯冠)と根っこの部分(歯根)とを削って分割します。

(4) 分割された歯冠部分を取り出し(歯冠抜去)、歯根が曲がっていたり、肥大していたり、骨とくっついている場合は、歯根を削って分割します。

(5) 分割された歯根を取り出します(歯根抜去)。

(6) 切開した部分を縫合します。

このページのトップへ

口腔癌

すべての悪性腫瘍疾患のうち、口腔癌の発生率は約1〜3%といわれています。当科では大阪府のがん拠点病院として、さまざまな口腔癌すなわち舌癌、歯肉癌、口腔底癌、口唇癌、頬粘膜癌、口蓋癌などを取り扱っています。治療として従来からの外科手術、放射線療法、化学療法の単独・併用療法に加え、腫瘍を栄養している血管にカテーテルを挿入し、直接抗癌剤を注入する動注化学療法も行っています。悪性腫瘍は放置すると急速に増大化し全身に転移していくので、迅速な対応が必要となります。
しかし、その初期症状は口内炎や歯肉炎といった一般によく見られる口腔粘膜疾患と似た症状を示すので、しばしば発見が遅れることがあります。口腔粘膜に異常を感じたら、早めに受診することをおすすめします。

このページのトップへ

顎顔面骨折

はじめに

当科では口腔顎顔面外傷の治療及びその経過観察を行うに際し、専門性を持った診察を行っています。
口腔顎顔面外傷治療は顔面皮膚の創傷の他、歯牙・上顎骨・下顎骨・関節部骨折・頬骨・頬骨弓・鼻骨など顔面を形成する骨の骨折を専門に取り扱っています。外傷の原因は交通事故、スポーツ、暴力など様々ですが、この様な外傷は突然起こるため、迅速な対応が必要となります。しかし、口腔顎顔面外傷を扱っている専門医療機関の数が少なく、十分に治療情報が行き渡っている状態であるとは言えません。
そこでこのホームページを通じて少しでも多くの方に口腔顎顔面外傷の治療がどの様なものか解っていただければ幸いです。

治療の進め方

骨折の治療方法には数多くの選択肢が存在します。我々はこれまでに計1000症例を超える口腔顎顔面外傷の治療を行ないました。この治療経験に基づいて整合性のある治療法を選択・決定しています。ですから我々は観血的手術をするだけでなく、手術を回避し、保存的療法を第一選択とするケースも決して珍しくありません。
外傷には様々な症状が混在し、詳細な治療内容を一律に論じることはできませんが、ここでは代表的な治療や症状について説明を行います。

  1. 外傷にて歯牙の破折、脱臼がある場合
    歯の外傷には歯が部分的に折れる“破折(はせつ)”と抜けてしまう“脱臼(だっきゅう)”に大まかに分類出来ます。歯根破折では抜歯適応になるケースも少なからず存在します。また歯根が未完成な年令では歯牙の固定の他に、歯髄の保護を重要な課題とし、歯内療法専門医の協力下に治療を進める必要があります。
    脱臼症例の歯牙の固定は一般的には6週間から8週間です。
  2. 外傷にて噛み合わせがズレている場合
    外傷を受けた後、噛み合わせがズレている場合、必ず上下顎骨の何処かにに骨折があります。まず、骨折線をレントゲン写真でチェックし、噛み合わせ戻すために上下の歯に針金をかけて口をしばります。
    これはちょうど腕の骨を折った時に巻くギブス固定と同じ意味合いがあります。口腔外科では顎間固定(がっかんこてい)と呼んでいます。その後、全身麻酔下で骨折部を整復するためにチタンプレートを用いた手術を併せて行うこともあります。顎間固定期間中はしゃべることはできますが、全く口を開けることが出来ないため、形のない、液体状の流動食しか口にすることはできません。
  3. チタン製、吸収性プレートやスクリューを用いた観血的整復固定術
    チタンは現在、最も生体に親和性のある金属として広く医療分野で用いられている材料です。当科ではチタン製もしくは吸収性プレート及びスクリューを用いて骨折部の整復を行っています。この際、口腔内からのアプローチを第一選択として手術を行っています。
    しかし、下顎骨関節突起部・上顎骨・頬骨・頬骨弓の骨折については、残念ながら顔面皮膚や頚部皮膚に切開を加える必要があります。特に歯の無い無歯顎(むしがく)の高齢患者さまの下顎骨骨折では先の顎間固定ができないので、プレートにおける固定は大変有効な手段です。
  4. 下顎関節部骨折
    ボクシングのアッパーカットの様にチン(オトガイ部の先端)に強い力を受けると、下顎骨骨体部に骨折線を認めなくても下顎骨関節突起が折れていることがあります。この様な骨折を特に介達骨折(かいたつこっせつ)と呼んでいます。
    関節部の骨折では噛み合わせが狂い、さらに開口障害がみられます。関節部の骨折では単純に骨片線を整復するだけでなく、顎運動の機能回復をさせる事が大変重要です。当科ではケースに応じて様々な方法を選択して治療を行っています。
  5. 口唇や眼下部皮膚の知覚麻痺
    口腔顎顔面部に強い外力を受けると三叉神経第・枝、・枝の神経が傷ついて、強いしびれ感が出現することがあります。骨折した骨の鋭利な部分で神経が断裂している場合もあり、病悩期間を一律に述べることはできませんが、事故直後からこの様な症状を呈している場合には完全寛解しないケースが多くに見られます。
  6. <>
  7. 生体内吸収型プレートとスクリュー
    骨接合形のチタンプレートは生体に親和性の高い材料ですが、多くの施設では骨折治癒後可及的早期にプレート除去手術を行っています。最近、プレート除去術が困難な症例でも使用出来る材料が新しく開発されました。それは生体内吸収性高分子材料の1つであるポリ-L-乳酸からできているPLLAプレートです。このプレートは生体内で加水分解を受けて水と炭酸ガスに分解され、完全に吸収されてしまうため、改めて取り除く必要がありません。
さいごに

最後に近年、材料や手術システムには大変な進歩が見られました。
しかし、口腔顎顔面外傷における顎の骨折を治療する上で最も大切な事は初診時や手術前の診断であると断言出来ます。特に咬合の回復には専門医療機関の受診を強くお勧めします。初期治療が適切であれば病悩期間も短くなります。

  インデックスページへ このページのトップへ