がん診療について

がん患者・家族の会「いたわり」

Itawari

「いたわり」でおしゃべりしてみませんか?

大阪労災病院にはこれまでがん患者会がありませんでした。これまでがん患者さんがおしゃべりしたいときにはがんサロン「陽だまり」をご案内してきましたが、「陽だまり」は女性がん患者さん限定です。がんサロンは入会手続きなどの必要がなく、気軽に同じ病気の人同士でお話しできる場です。一方、患者会は、お話だけにとどまらず、患者さん同士が体験の語りと傾聴から支え合いの雰囲気が生まれ、たとえ問題は解決しなくても、孤立感が和らぎ、安心したり、希望が持てたり、勇気づけられたり、社会の中で生きているという実感が取り戻せたり、感情を表出して気持ちが整理できたりして、心が和み癒される体験が生まれます。同じがんという病気を抱えた人が、身近な地域でどのように生きているか、 ロールモデルを得ることができます。そしてご自身の病気の体験が他のがん患者さんを助けるきっかけになることもあり、医療者ではできない患者さん同士の強いサポートを得られることも少なくありません。患者会の活動はおしゃべりにとどまらず今後広がっていく可能性もあります。
 しかしまずは、参加者がほっと一息つける居心地の良い会をめざし、何度かおしゃべりしてもらう中でやりたいことや活動が見つけられればいいなと思います。活動の内容がしっかり決まるまでは、会費の徴収はありません。
 初年度は、定期的なおしゃべり会を中心に活動の予定です。ぜひ、お気軽におしゃべり会にお越しください。おしゃべり会の詳しいご案内は、大阪労災病院、がん相談支援センターにお問い合わせください。

「いたわり」開催のお知らせ

「いたわり」ポスターはこちら

開催日 10月23日(金)、12月25日(金)、2月26日(金)
時間 13時~14時
場所 大阪労災病院管理棟2階会議室1
対象者 がん患者とその家族 ※事前予約制
がん患者会「いたわり」を一緒につくりませんか?

「大阪労災病院に がん患者会があったらいいな」という患者さんや家族の声をうけて「いたわり」を立ち上げました。主治医の先生とお茶しながらお話の機会があればいいな、同じ病気の人とお話ししたいな等、皆さんが希望する患者会を一緒に作ってくれる方を大募集しています。みんなで労り(いたわり)あい、支えあえる会にしましょう!治療の合間にできる範囲で構いません。お手伝いしていただける方は、がん相談支援センターにお申し出ください。

がん患者と家族の会「いたわり」会報誌
最新号
がん患者と家族の会「いたわり」会報誌最新号
がん患者と家族の会「いたわり」会報誌 創刊号

・ポピーの広場

・2019年度「いたわり」活動報告

がん患者会「いたわり」会報誌 創刊にあたり

患者会世話人代表 阿部浩之

「いたわり会報誌創刊に寄せて

大阪労災病院がん相談支援センター
センター長 西池季隆

バックナンバー
がん患者と家族の会「いたわり」会報誌 創刊号
2020年9月創刊号
「いたわり」会報誌 掲載記事 募集

がん患者さんやそのご家族が元気になるような記事を募集しています。日常生活での工夫やクスっと笑えるエピソード等、なんでも構いません、頑張っておられるみなさんにぜひメッセージをお願いします。

<投稿方法>

原稿をがん相談支援センターまでメール、郵送または直接ご持参ください。
原稿内容を確認し、審査の上掲載させて頂きます。
お問い合わせはがん相談支援センターにお申し出ください。

お問い合わせ

大阪労災病院 西館1階 がん相談支援センター
TEL:072-252-3561
受付時間:月~金曜日 8:15~17:00