診療科・部門

皮膚科

Dermatology

診療科について
医師紹介
外来担当医表
実績

診療科について

患者さんへ

皮膚科全般の診療を行っています。各種皮膚疾患に対し、外用療法や内服療法を中心に行っておりますが、下肢の蜂窩織炎や紫斑病や顔面の帯状疱疹など急性炎症性疾患は必要に応じて入院治療を行っています。また難治な場合は、必要に応じて関連する診療科や医療機関に紹介しています。
 疣贅(イボ)や良性腫瘍への液体窒素冷凍凝固療法、接触皮膚炎や金属アレルギーが疑われる場合にはパッチテストを行っています。また、皮膚腫瘍や色素斑については、ダーモスコープにて鑑別診断をしたのちに、切除が妥当と判断した場合、当院の形成外科や大学病院に紹介しています。

お知らせNEWS
主な対象疾患
湿疹・皮膚炎
蕁麻疹・皮膚そう痒症
紅斑症・紫斑症
血管炎、血行障害
光線・放射線皮膚障害
薬疹
水疱症・膿疱症
角化症・炎症性角化症
膠原病 および 類縁疾患
但し膠原病内科が無いので軽症のみ
肉芽腫症(にくげしゅしょう)
色素異常
母斑(ぼはん)・母斑症
皮膚腫瘍(の診断)
但し、生検、切除は形成外科
発汗異常・毛包脂腺系疾患・毛髪疾患・爪甲疾患
細菌感染症、ウイルス感染症、真菌感染症
性病、動物性皮膚疾患
主な検査・設備
ダーモスコピー
パッチテスト
皮膚生検
認定施設
日本皮膚科学会