診療科・部門

消化器内科

Gastroenterology

診療科について
医師紹介
外来担当医表
実績

診療科について

患者さんへ

活性化がめざましい南大阪地区の基幹病院における消化器内科として、消化器疾患全般に対して最先端の診療を行っています。とくに南大阪地区は肝炎ウイルスの汚染率が全国で最も高い地域の1つであり、慢性肝炎・肝硬変・肝がんの早期診断・治療には力を注いでいます。また、当院は、堺市唯一の“地域がん診療連携拠点病院(高度型)”として、南大阪地区のがん診療において中心的な役割を担っております。5大がんのうち肺がん以外は消化器がん(胃がん、大腸がん、膵がん、肝がん)です。当科では、こうしたがん患者さんに対して、内視鏡による治療やがんゲノム治療など最新の治療をご提供しています。また、がん患者さんはじめ重症患者さんや緊急患者さんの診断ならびに治療方針については、外科医、放射線科医、病理医などとのカンファレンスにて決定し、迅速かつ最善の治療を行っております。また、完治が難しいがん患者さんには、緩和ケア科と連携して心と体のケアを行っています。通院中あるいは退院後の患者さんについては、開業医の先生方との病診連携により、患者さんが安心して診療を継続できるよう地域医療を推進しています。
当院は、日本内科学会、日本消化器病学会、日本肝臓学会、日本膵臓学会、日本消化器内視鏡学会の認定施設となっています。

お知らせNEWS
主な対象疾患
肝臓分野
急性肝炎
慢性肝炎(ウイルス性肝炎、脂肪肝炎、自己免疫性肝炎等)
肝硬変
肝細胞がん
胆嚢、胆管、膵臓分野
膵臓がん
膵のうほう性疾患(膵管内乳頭粘液性腫瘍: IPMNなど)
急性膵炎、慢性膵炎、膵石、自己免疫性膵炎
胆道がん(胆管がん、胆のうがん)
総胆管結石
胆のう炎、胆管炎(急性化膿性胆管炎、IgG4関連胆管炎)
消化管分野
食道がん
胃がん
胃潰瘍、十二指腸潰瘍
ヘリコバクター・ピロリ感染症
大腸がん
大腸ポリープ
炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)
主な検査・設備
肝臓分野
・腹部超音波検査
・肝生検、腫瘍生検
・ラジオ波焼灼術 (RFA)
・肝動脈造影及び肝動脈化学塞栓療法 (TACE)
・栄養指導(栄養士による)、運動指導(理学療法士による)
胆嚢、胆管、膵臓分野
・内視鏡的逆行性胆管膵管造影 (ERCP)
・超音波内視鏡検査 (EUS)
・超音波内視鏡下穿刺 (EUS-FNA)
・経皮経肝胆道ドレナージ (PTCD)
・経皮経肝胆嚢ドレナージ (PTGBD)
・体外衝撃波結石破砕術 (ESWL)
消化管分野
・上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)
・大腸内視鏡検査(大腸カメラ)
・カプセル内視鏡検査(小腸・大腸)
・ダブルブルバルーン内視鏡検査(小腸内視鏡検査)
・超音波内視鏡検査
認定施設
日本消化器病学会
日本胆道学会
日本消化管学会
日本消化器内視鏡学会
日本肝臓学会
日本内科学会