診療科・部門

形成外科

Plastic and Reconstructive Surgery

診療科について
医師紹介
外来担当医表
実績

診療科について

患者さんへ

形成外科は、体表面に生じる腫瘍・変形・欠損・先天異常を治療する診療科です。
皮膚のあざや腫瘍の切除、皮膚外傷・やけどの処置といった身近な外科的治療から、乳がん切除後の乳房再建や、舌がん・咽頭がん切除後の再建まで、対象領域が非常に幅広いのが特徴です。また当科の特色として、下肢静脈瘤のカテーテル治療や、眼瞼下垂・眼瞼内反などのまぶたの形成手術を数多くおこなっており、近隣の医療機関からも多くの紹介患者さんが来院されます。
我々は、手術を通して患者さんのQOL(生活の質)を高めることを常に念頭におき、安全・安心な形成外科診療をモットーに、地域医療に貢献していきたいと考えています。

お知らせNEWS
主な対象疾患
腫瘍性疾患
・皮膚の良性腫瘍、あざ、血管腫
・皮膚の悪性腫瘍(基底細胞癌、有棘細胞癌、ボーエン病、日光角化症、皮膚悪性黒色腫など)
下肢静脈瘤の治療
・カテーテルによる血管内焼灼術
・ストリッピング手術
・高位結紮術
・硬化療法
・弾性ストッキングによる圧迫療法
眼瞼の疾患
・眼瞼下垂症、眼瞼内反症
・顔面神経麻痺による兎眼、眼瞼外反症
外傷・瘢痕の治療
・皮膚の外傷、やけど
・けがや手術後の瘢痕、ひきつれ、ケロイド
・顔面骨骨折(頬骨骨折、眼窩底骨折、鼻骨骨折など)
・顔面神経麻痺による顔面変形
体表の先天異常
・耳介の先天異常(副耳、先天性耳瘻孔、折れ耳、立ち耳)
・手足の先天異常(多指症、合指症、中足骨短縮症)
・体幹の先天異常(臍ヘルニア、臍突出、副乳)
乳房再建
・自家組織による乳房再建
・シリコンインプラントによる乳房再建
・乳頭乳輪の再建
その他の疾患
・腋臭症
・陥没乳頭
・陥入爪、巻き爪
・難治性皮膚潰瘍
主な検査・設備
炭酸ガスレーザー
超音波検査診断装置
認定施設
日本形成外科学会認定施設
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会乳房再建用エキスパンダー/インプラント実施施設
下肢静脈瘤血管内焼灼術実施施設