診療科・部門

放射線治療科

Radiation therapy

診療科について
医師紹介
外来担当医表
実績

診療科について

患者さんへ

放射線治療は、外科療法、薬物療法 (抗がん剤を中心とする治療)と並び、3本柱の一つです。放射線治療は、放射線治療単独、あるいは手術や薬物療法との組み合わせによって、腫瘍を完全に治すために用いられます。また、腫瘍による痛みや出血などの症状に対しても、症状を抑えるために放射線治療が行われます。治療装置や治療技術の進歩によって、高精度な放射線治療(定位放射線治療、強度変調放射線治療)を行なうことが可能となってきました。これによって腫瘍をより集中的に照射しつつ、正常臓器に照射される放射線を低減することが可能です。

お知らせNEWS
主な対象疾患
当院で可能な放射線治療
一般的な放射線治療
脳腫瘍、頭頚部癌、乳癌、食道癌、肺癌、子宮癌、前立腺癌など
強度変調放射線治療
前立腺癌、頭頚部癌
体幹部定位放射線治療
肺癌
高線量率小線源治療
子宮癌
主な検査・設備
リニアック1台
RALS1台
認定施設
日本放射線腫瘍学会