診療科・部門

脳卒中内科

Stroke

診療科について
医師紹介
外来担当医表
実績
医学的研究

診療科について

患者さんへ

脳卒中内科は、脳卒中(*主な対象疾患で説明)を始めとして脳の病気を診療しています。特に、脳卒中は出来るだけ早く治療を開始する必要があります。脳梗塞発症直後は脳神経外科と協力してTPA治療(*)、カテーテル治療(*)を行います。
原因をしっかり調べて再発を予防することも大切です。内科医が診る色々な病気が脳卒中を引き起こすため、脳神経外科医だけでなく脳卒中内科医が患者さんを診ることが重要です。
当科スタッフは脳卒中学会が認定した専門医であると同時に、内科学会が認定した専門医です。発症直後の脳卒中治療から慢性期における再発予防まで、一貫してレベルの高い診療を行なうように努めています。

お知らせNEWS
主な対象疾患
脳卒中(脳血管障害)
脳卒中は、昔は“中風(ちゅうぶう)”とも言っていました。卒然(突然)として、目に見えない悪い風に中る(あたる)ことにより、急に倒れる(元気にしていた方が急に発症する)ように見えたためです。
脳の動脈が詰まってしまい血液が脳へ流れなくなって発症する脳梗塞と、脳動脈が破れてしまって発症する脳出血・クモ膜下出血があります。
てんかん(けいれん)、頭痛などの神経救急
てんかんは、脳卒中の他にも色々な原因で起こり、高齢者で発症が増えます。
頭痛を引き起こす病気の中で、くも膜下出血、脳出血は最も急いで診療する必要があります。髄膜炎も遅れることなく治療を開始する必要があります。
頸動脈狭窄症
首にある動脈が頸動脈です。ここを通って脳へ血液が流れていきます。そのため、動脈硬化が進むと頸動脈が細く(狭窄、きょうさく)なり脳梗塞を引き起こすことがあります。
近年、内科治療(飲み薬)も脳外科治療のいずれも進歩しています。薬か手術か悩まれる患者さんには、十分説明させていただき希望にも沿うようにさせていただきます。
生活習慣病(高血圧、脂質異常症、糖尿病)
動脈硬化が進まないように、また、脳卒中を予防するために、しっかりと取り組む必要があります。
主な検査・設備
頭部CT
頭頸部MRI/MRA
脳血管造影
CTアンギオ
頸動脈エコー
脳血流SPECT(脳の血流を測定)
経食道心エコー
経胸壁心エコー
24時間ホルター心電図
植込み型心臓モニタ
循環器内科へ依頼
脳波
MIBG心筋シンチ
パーキンソン病診断の検査
認定施設
日本脳卒中学会研修教育施設
日本神経学会准教育施設