診療科・部門

末梢血管外科

Vascular surgery

診療科について
医師紹介
外来担当医表
実績

診療科について

患者さんへ

高齢化社会の到来、糖尿病・透析患者さんの増加にともない動脈硬化性疾患が急増しています。動脈硬化は心臓・脳血管のみならず全身の血管におよび、血流障害やこぶ状に拡張する動脈瘤の原因となります。当科は数少ない血管病の専門診療科として腹部・四肢における動脈硬化性疾患を中心に、静脈疾患や透析用バスキュラーアクセスに対する診療を行っています。下肢血流障害(閉塞性動脈硬化症)に対しては、保存療法(運動、薬物)、血管内治療(カテーテル治療)、外科手術(バイパス術など)を適切に組み合わせた治療を行います。血管内治療が不成功に終わった症例や下肢切断を宣告された重症例に対する治療経験も豊富です。透析用バスキュラーアクセスは徹底した自己血管内シャント作製を心がけています。また、内シャント関連のあらゆる合併症(シャント狭窄・閉塞・瘤、静脈高血圧、スチール症候群など)にも対応可能です。

お知らせNEWS
主な対象疾患
血管外科で扱う疾患
腹部・四肢における血管疾患の診断・治療を行っています。主な対象疾患は、四肢慢性動脈閉塞性疾患(閉塞性動脈硬化症、バージャー病、膠原病関連動脈閉塞症、レイノー病など)、急性動脈閉塞症、腹部大動脈瘤・腸骨動脈瘤、その他の末梢動脈瘤(内臓動脈瘤・四肢動脈瘤)、深部静脈血栓症、リンパ浮腫などです。また、透析用内シャント作製および各種合併症(シャント狭窄・閉塞・瘤、静脈高血圧、スチール症候群など)に対する治療も行っています。
腹部大動脈瘤
下肢閉塞性動脈硬化症
透析用内シャント
主な検査・設備
四肢血圧測定
皮膚灌流圧測定
指尖光電容積脈波測定
超音波検査装置
モバイル型超音波検査装置
CT
MRI
血管造影装置
モバイル型C arm
ハイブリッド手術室
認定施設
日本脈管学会