部署・病棟紹介
Education

部署・病棟紹介
東館病棟

  1. トップ
  2. 部署・病棟紹介
  3. 東館病棟

【東4階病棟】耳鼻咽喉科・口腔外科・皮膚科

【東4階病棟】耳鼻咽喉科・口腔外科・皮膚科

耳鼻咽喉科・頭頚部外科、歯科口腔外科、皮膚科の混合病棟です。幅広い年齢の方が入院され、疾患や治療の影響で「聞くこと」「話すこと」「呼吸をすること」「食べること」が障害されたり、強い痛みがあったりします。治療は手術、放射線、薬物療法など多岐にわたり、機能回復のためのリハビリテーションや退院後の生活のための指導なども重要になってきます。そのため、多職種と連携して支援することを大切にしています。

【東5階病棟】泌尿器科・糖尿病内科

【東5階病棟】泌尿器科・糖尿病内科 【東5階病棟】泌尿器科・糖尿病内科

泌尿器科と糖尿病内科の混合病棟です。
泌尿器科は、生殖器系に原発する疾患の方に対し、検査や、手術・化学療法・免疫療法・放射線療法などの急性期医療を行います。また終末期においても、患者さんやご家族の意思を確認し、緩和ケアチームと協力し症状緩和できるよう努めています。
糖尿病内科では、血糖コントロールを行い、食事や薬剤の管理など多職種で連携して指導を行っています。退院後、より良い人生が送れるよう支援することを目指しています。

【東6階病棟】消化器外科・呼吸器外科

【東6階病棟】消化器外科・呼吸器外科 【東6階病棟】消化器外科・呼吸器外科

消化器外科と呼吸器外科の混合病棟です。医師・リハビリセラピスト・MSW・薬剤師・栄養士、外来、手術室、集中治療室などさまざまな職種や部門と連携し、周術期の患者さんの身体的・精神的サポートをチームで実践しています。
私たち病棟看護師は、術前から退院まで患者さんとご家族が安心して過ごすことができるよう協力して看護しています。また、高度医療にも対応できるよう前向きに継続学習に取り組み、専門的知識や技術のスキルアップができるよう日々頑張っています。
患者さんの笑顔を目指して、チームで明るく元気に看護しています。

【東7階病棟】消化器外科・消化器内科

【東7階病棟】消化器外科・消化器内科 【東7階病棟】消化器外科・消化器内科

消化器外科と消化器内科の混合病棟です。疾病の急な発症による不安や、徐々に進行していく病状に苦痛を感じている消化器疾患を持つ患者さんに対し、医師・認定看護師・入退院支援スタッフ・リハビリ担当者・薬剤師・栄養士などの多職種と連携を図りながら、ひとりひとりの患者さん・ご家族に寄り添い、想いをケアに反映できることを目指して看護に取り組んでいます。また、周術期を含む急性期から終末期の質の高い看護を実践できるよう、専門的知識を身につけるための教育支援も行っています。

【東8階病棟】小児科・整形外科

【東8階病棟】小児科・整形外科 【東8階病棟】小児科・整形外科

小児科と整形外科の混合病棟です。小児の急な病状の変化に対応するため月の半分は二次救急体制をとっています。また、14歳以下の様々な領域疾患患者さんも受け入れています。整形外科は西8階病棟と連携して、多岐にわたる整形外科疾患患者に対応しています。小児科病棟と併設しているメリットを活かして院内学級を利用する学童期患者のサポートも行っています。幅広い年齢層の看護を実践できる病棟です。

【東9階病棟】眼科

【東9階病棟】眼科 【東9階病棟】眼科

眼科の単科病棟で、主に、白内障・硝子体・緑内障・眼内炎の手術を実施しており、特に網膜剥離などの手術目的で、全国から患者さんが来られます。1日の入院患者さんが20名~30名、手術件数も20~30件、また後期高齢者が非常に多いため安全にケアが提供できるよう、医師、薬剤師などの連携と眼科スタッフ全員の協力で運営している病棟です。また、眼科の院内認定看護師や糖尿病の院内認定看護師がおり、患者さんへの啓蒙活動(世界糖尿病デーへの参加)やご家族やスタッフへの教育を実施し、現場での眼科看護の質向上に努めています。

Welcome

インターンシップ・病院見学会へのお申込みは
フォームにて受け付けております。

お申込みフォームはこちら