診療科・部門

中央検査部

Central inspection

部門について
採血室
検体検査部門
生体検査部門
実績

部門について

患者さんへ

臨床検査は病気の診断・治療方針を決めるのに必要不可欠なものです。さらに、治療経過を観察するために診療上とても重要な役割を担っています。
当院の中央検査部で行っている臨床検査の詳しい内容については、分野ごとに紹介しておりますので、ご参照ください。
当院は、平成24年4月に社団法人日本臨床衛生検査技師会から臨床検査精度保証認証施設として認定され二年ごとに更新しております。これは、一定の認証基準をクリアした施設にだけに与えられるものであり、当院の検査データが、標準化され高品質のものであると認められた証拠であり、極めて高い信頼性があることを示唆するものであります。
中央検査部のスタッフは、最新の検査機器を装備した検査室で、高品質の検査情報を日々提供しておりますが、その他にも看護学校や臨床検査技師養成施設の学生教育、さらには他の医療機関からの研修生の教育などにも積極的に取り組んでおります。そして、技師個人におきましては常日頃からスキルアップを図っており、各種学会等の認定資格を有する技師が多く在籍し学会発表・論文投稿を毎年行っております。
また、NST・ICT・糖尿病指導療法などのチーム医療にも参画し、職員一丸となって地域医療のさらなる向上に努めております。

大阪労災病院 中央検査部長
川淵 靖司

スタッフ構成
中央検査部長 部署 主任 技師配置数 助手配置数
検体検査 3名 正規職員9名
嘱託職員6名
細菌検査 1名 正規職員4名
病理検査 1名 正規職員6名
嘱託職員2名
嘱託職員1名
生体検査 5名 正規職員17名
嘱託職員2名
嘱託職員1名
採血室 1名 正規職員1名 嘱託職員7名
内視鏡室 1名 正規職員4名
合計 50名 9名

認定技師
2019年度 中央検査部認定技師等一覧表
資格名 人数
臨床工学技士 1名
細胞検査士(際:国際) 6名
認定病理検査技師 1名
超音波検査士(体表臓器) 2名
超音波検査士(循環器) 6名
超音波検査士(消化器) 7名
超音波検査士(血管) 2名
認定輸血検査技師 3名
糖尿病療養指導士 2名
認定血液検査技師 1名
認定心電図検査技師 4名
二級臨床検査士(微生物) 1名
二級臨床検査士(病理) 1名
二級臨床検査士(血液) 6名
緊急臨床検査士 6名
認定技術師(筋電図神経伝動分野) 1名
血管診療技師 1名
内視鏡認定技師 2名
認定管理検査技師 1名
特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者 8名
有機溶剤作業主任 5名
健康食品管理士 3名
初級システムアドミニストレーター 1名
医療情報技師 5名
電子顕微鏡(一般技術) 1名
小腸カプセル内視鏡読影支援技師 2名