診療科・部門

外科・消化器外科

Surgery

診療科について
医師紹介
外来担当医表
実績

診療科について

患者さんへ

外科

基幹病院の消化器外科としての主たる役割は、外科領域の疾患に関し質の高い普遍的な治療を提供する事だと考えています。特に悪性腫瘍と腹部救急疾患の全てに常に対応可能な体制を整えています。日本外科学会指導医4名、日本消化器外科学会指導医7名を擁し、臓器別の専門性においては日本肝胆膵外科学会高度技能指導医と日本内視鏡外科学会技術認定医が在籍しており、進行癌に対する高難度手術を日々施行しています。消化器がんに対しては、消化器内科や腫瘍内科、放射線科も交えたキャンサーボードにて患者さん各々の状態に応じた個別化治療を行っています。また数多くの腹部救急疾患に対し24時間体制で適切に対応しております。

お知らせNEWS
主な対象疾患
悪性疾患
食道がん
胃がん
大腸がん
肝がん(原発性肝がん・転移性肝がん)
胆道がん(胆管がん・胆嚢がん・十二指腸乳頭部がん)
膵がん
GIST(消化管間質腫瘍)
良性腫瘍
胆のう良性疾患
ヘルニア(鼠経ヘルニア, 大腿ヘルニア, 腹壁瘢痕ヘルニア)
当科では鼠径部ヘルニア、腹壁ヘルニアに対して治療を行っています。従来からの鼠径部切開法に加えて、最新の技術を常に取り入れながら腹腔鏡手術も積極的に行なっています。ヘルニア嵌頓(かんとん)に対する緊急手術も行っています。
鼠径部ヘルニア、腹壁ヘルニアはご高齢の方に発症することが多いため、いろいろな疾患をお持ちの患者さんが多いのですが、内科医、麻酔科医とも緊密に連携を取りあい、一番安全で確実な手術方法をおすすめしています。
炎症性腸疾患(クローン病, 潰瘍性大腸炎)
潰瘍性大腸炎、クローン病は原因不明の難治性炎症性腸疾患として特定疾患に指定されています。ステロイドや調節薬、生物学的製剤などの内科的治療が主体ですが、治療抵抗性の例には外科治療が必要です。当院では消化器内科の専門医と密に連携し、内科治療から手術までシームレスな治療を行っています。
肛門疾患(痔核・裂肛・痔瘻・直腸肛門脱)
痔は大きく分けると、痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)、痔瘻(あな痔)の3種類があります。これら痔疾患の治療は肛門疾患専門施設と連携と取りながら、最適の治療を提案させて頂いております。また近年,高齢化にともない骨盤底筋の脆弱化による骨盤臓器脱(Pelvic organ prolapse、以下POP)が増加傾向にあります。膣からは子宮、膀胱、小腸、直腸(瘤)などが、肛門からは直腸が脱出する状態を示します。POPは良性疾患ですが、脱出に伴う不快な症状は患者のQOLを著しく損なうものです。当院では直腸脱を中心に、鏡視下手術により脱出した骨盤臓器を固定する手術を積極的に行っています。
主な検査・設備
認定施設
日本外科学会外科専門医制度修練施設
日本消化器外科学会専門医修練施設
日本大腸肛門病学会専門医制度認定施設
肝胆膵外科高度技能専門医修練施設B
日本胆道学会認定指導施設
日本がん治療認定医機構認定研修施設
日本消化器病学会
日本肝臓学会
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本大腸肛門病学会
日本肝胆膵外科学会
日本外科感染症学会