診療科・部門

泌尿器科

Urology

診療科について
医師紹介
外来担当医表
実績
医学的研究

診療科について

患者さんへ

地域の中核病院として紹介患者が多く、疾患も多岐にわたっています。当院はがん診療連携拠点病院・日本がん治療認定研修病院に指定されていることから、特に悪性疾患症例の比率が高く、十分なインフォームド・コンセントのもと病期に応じた治療を行っています。手術は、体腔鏡下(後腹膜鏡下、腹腔鏡下)手術およびロボット支援下手術が中心です。腎がん、腎盂・尿管がん、膀胱がん、副腎腫瘍などに対してはほとんどの患者さんに体腔鏡下手術を行っています。
また2016年6月よりダビンチSiを導入し、前立腺全摘除術を開始し2017年7月より小径腎がんに対しロボット支援下腎部分切除術を開始、2018年4月からはロボット支援下膀胱全摘除術を開始しております。
良性疾患に対しても手術件数が多いのが特徴です。治療はほとんどの患者さんに低侵襲手術を行っています。当院では早くからホルミウムレーザー装置を導入し、前立腺肥大症に対するホルミウムレーザー前立腺核出術(HoLEP)や尿路結石に対しレーザーによる結石破砕術(fTUL)を行っております。
患者さんには十分に病状を説明し、その患者さんに合った最も有効な治療法を提示・提供することを心がけています。
また患者さんが希望される場合には、泌尿器がん・男性生殖器がん、泌尿器科領域の良性疾患においてセカンドオピニオンに対応しております。なんなりとご相談ください。

お知らせNEWS
主な対象疾患
腎がん
腎盂尿管がん・膀胱がん
前立腺がん
精巣がん
陰茎がん
副腎腫瘍
前立腺肥大症
尿路結石症
主な検査・設備
認定施設
日本泌尿器科学会
日本内分泌外科学会